福を呼ぶフクロウ
今、翻訳系の仕事をしているのですが、お客様でおじいちゃんとおばあちゃんのご夫婦がいらっしゃいます。
なんと、おじいちゃんがギネスブックに挑戦するということで、
ギネスブックの本部に申請する書類を翻訳してくれ、との依頼でした。

何歳になっても、ギネスに挑戦する!って頑張っているおじいちゃん。
すごいです。とてもワクワクしている気持ちが伝わってきて、
目がキラキラ輝いているんです。

そして、おばあちゃんはいつもそっとおじいちゃんに寄り添ってついて来て、
ワクワクパワー溢れるおじいちゃんを優しく見つめてる。
とってもステキなご夫婦です。

そのおばあちゃんが、「福を呼ぶフクロウを作ったよ」 と言って、
プレゼントしてくれました。
それがコレ。
d0012285_23561677.jpg

フクロウの大きさは、小指半分くらい。とっても小さいです。
”おばあちゃん、すごい器用だなぁ~” って思っていたら、
なんとおばあちゃん、指が一本ないそうです。
リハビリのために物作りを始めて、やっとここまでうまく作れるようになったとのこと。

もし、自分の指が一本なかったら。。。

何をやるにもうまく行かなくて、落ち込んでふさぎこんでしまうかもしれません。
でも、おばあちゃんは違いました。
指が一本なくても、練習に練習を重ねてこんなかわいいフクロウを作れるようになったのです。

そして、作れるようになっただけではなく、「福を呼ぶフクロウ」という名前をつけて
たくさんの人にプレゼントしているのです。
これを手にした時、なんとも言えない幸福感に包まれました。
そしてなにより、こんなステキなご夫婦がいらっしゃる ということに、
なんだかとても感動を覚えました。

才能 とか、体の自由度 とか、年齢 とか、そんなもの一切関係ないんですね。
誰かにハッピーを贈るには。
そこに気持ちさえこもっていれば、必ず伝わります。
私は、あなたは、どんな形で自分や家族や周りの人たちに
ハッピーを贈ることができるでしょうか。



[PR]
by happylife-3 | 2005-04-06 23:59 | ★Happyなおくりもの


<< 自転車2人乗りしてっと。 人という字は >>