チームワーク
昨日かずが書いた 「World Journey」 という本。
ほんと、旅は人生の縮図だなぁ~ ということを改めて思いました。

そして、奥さんと二人で旅をした著者:歩さんの言葉を読んで、
私たちが二人で旅をした時のことを思い出していました。

今年はじめ。
青春18切符での国内の旅に始まり、メキシコが最終地点の
約1ヶ月間の二人旅。
それまでは二人ともどちらかというと 『一人旅派』 で、
一人で勝手に飛行機乗って、行きたい所を自由にまわって・・・
という旅を好んでいました。

海外で誰かとずっと行動を共にする旅というのは、お互い初めて。
ちょっとドキドキ。 「二人で旅」ってどんなふうになるんだろう。
喧嘩したりしないかな・・・

でも実際旅をしてみると、そんな心配は全く無用でした。
本の中に 「俺たち(=著者:歩さんと奥さん)はいいチームだ」
っていう言葉があるのですが、「私たちもすごくいいチーム」 
ということを実感できた旅。

バックパックを背負って結構動いたので、その時の空気で相手が疲れてるかな
と察すると、片方が率先して宿の手続きをしたり、人をつかまえて道を尋ねたり。
無理して気を遣うのではなく、極自然にお互いがお互いを思いやり、
お互い心地良い状態でいられるように、自然とバランスを取っている。

新しい街に入る度に、ホテルやカフェで 
「さて、この街では何をテーマにどんなことをしよっか」
と、地図を広げながら作戦会議。
まるで二人の旅プロジェクト。

そして、同じ場所で、同じ景色を見て、とてつもなく大きな感動を共有する。
d0012285_23463472.jpg

d0012285_2347113.jpg
そしてどんな時でも、お互いがお互いを尊敬し、尊重し、信頼する。

そうか、これが パートナー ってものなんだ。


そういえば日常生活でも、私たちはいいチームワークかもしれません。
洗濯物を干す時は、かずが洗濯機の中から一枚一枚取り出し、
それを私が受け取って干していきます。
最近は慣れてきて、素晴らしい連携プレーです。

何かを取ってほしい時は、言葉で発する前に相手が 「はい、これでしょ」
と差し出すことが多いです。

さくらんぼを食べると、二人同時に 「よし、種飛ばし大会しよ!」 と言います。

家の近くの川を車で通る時、「せーの」 と言わずに声をそろえてその川の歌
を歌います。

時に私が野菜を切る係で、かずが炒める係です。

時にかずが私の良きアドバイザーで、時に私がかずの良きアドバイザーとなります。


うん、私たちはいいチームです。
そして、いいチームで人生を歩んでいくということに、深い心地良さを感じます。



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-25 23:38 | ★ふたりで生きるHappy


<< 秋の空 知床の番外編 >>