夜空を見上げる
d0012285_2220319.jpg
今日仕事が終わって駅から家までの道をてくてく歩いていると、
自分が前方の夜空を眺めながら歩いていることにふと気がつきました。
そういえば今まで無意識だったけれど、北海道に引っ越してきて以来地下鉄の駅から地上に上がった瞬間に、月と星を探すのが癖になっていました。

東京にいる時、夜 ゆっくり空を見上げたことなんてあったかなぁ。。。
会社から駅までの道のりは、街灯やネオンがピカピカ光っているビルの隙間から
かろうじて空が見える程度だったし、
駅から家までの道のりは、疲れていてとにかく早く家に着きたい一心で
早足で転ばないように下を見ながら歩いていたし・・・
  
それに、夜道は怖いし、ハイヒールでたくさん歩きたくないし・・・なんて理由で、
以前は駅から徒歩1分の所に住んだりしてたし・・・

だから、夜にゆっくり空を見上げながら歩いたことなんて一度もない!

今まで、「夜道は怖い。イヤダ。」 っていうことしか頭になかったけれど、
北海道に来てからは、夜に家まで歩く道がなんだか好きになっていました。

星を見つけたり、「お、今日は三日月だ」 なんて月のカタチをチェックしたり、
夜空を見上げながらこれからの生活について考えてワクワクしたり、
「こんなこともしよう」「あんなこともやりたい」って、アイディアややりたいことが
ポンポン浮かんできたり。

あ、そうそう。北海道の夜道がなんだかホッと落ち着く理由、
もう一つありました。
街灯の光が、あったか~い橙色なのです。 ("オレンジ"と言わずにあえて"橙")
これって札幌だけ?それとも他の地域でもそうなのかしら?
少なくとも関東の街灯は、蛍光灯のような黄色い光ですよね。

ここの夜道は、毎晩とてもあたたかい優しい光で包まれています。
そんな優しい街灯と、月と星の光に包まれた札幌の夜の道は
至福の散歩道です。






P.S. 写真は、moonbow。 (×rainbow)
先日アメリカに行った時、たまたま空を見上げたら、月の周りが虹色に光っていたのです!
北海道でもmoonbow見れないかなぁ~
[PR]
by happylife-3 | 2005-04-14 22:57 | ★想うこと


<< ついにゼロになりました♪ ポストを開けること >>