時々考えるんです
d0012285_112391.jpg
道路にも、木の枝にも、たくさんの雪が積もっているのに、
まだ木の枝に頑張ってちょこんとついているイチョウの葉っぱを見つけました。

***
最近、「人生は有限である」 ということを考えるきっかけが、何度かありました。
当たり前のことなのですが、たとえば今から150年前も
今現在この星で生きている私たちと同じように、朝起きて、ごはんを食べて、
仕事をして、家事をして、友達と遊んで、家族と団欒していた人たちが、
この星でそれぞれの人生を生きていました。

でも、今、その人たちはこの星の上にはいません。

そして、今から150年後、今現在この星に生きている人たちは全て、
この地球からいなくなっています。

もしかしたら生まれ変わったり、魂として存在したり(?)、その辺はよくわかりませんが、
少なくとも今持っている名前、顔、体、家族、友達、人生・・・では存在しません。

どんなに偉い人でも、どんなにお金持ちの人でも、どんなに天才な人でも、
150年後には地球からいなくなっています。

それは、変えることのできない事実。

だからこそ、この大切な時間を、なるべく笑顔で心地良く暮らしていきたいなぁ
と改めて思うのです。

私もやっぱり完璧な心を持っているわけではないので、
時々ふっと 「欲」 というものが邪魔をしたりします。
すごそうな肩書きに惹かれてみたり、物質的なことだけに目を奪われたり。

そんな時に、この 「人生は有限である」 ということを思い出すのです。
そして、人生の幕を閉じる時に、どんなことを想いたいか ということを考えます。
すると、目先の欲だけに目を奪われることによって、
どんなに自分の人生の中身が薄くなってしまうか、ということに気付かされます。

「人生は有限」 って、決してネガティブな意味で言っているわけではないんです。
その事実をしっかりと認識するからこそ、人生を楽しもう、
一日一日を大切に生きよう、感謝しようという心が生まれてくるし、
どうせ有限なのであれば、自分も周りの人もなるべく気持ちよく暮らしていけるように
していこう、と思ったりします。
自然と周りの人に対しても、優しくなれるような気がします。

やっぱり私は、自分が抱いている幸せのカタチをしっかり心に持って
暮らしていこう と改めて思ったのでした。

***
このイチョウの葉っぱも、充実した時を過ごせたかなぁ。




[PR]
by happylife-3 | 2006-01-07 01:49 | ★想うこと


<< 年賀状 Have a good nig... >>