都市に近い田舎
d0012285_22102812.jpgd0012285_22103611.jpg
札幌から車で50分くらいのところに由仁町という
小さな街があります。
由仁町は「都市に近い田舎づくり」と「スロータウン」を
テーマに掲げている町なのですが、そのテーマの通り、
札幌からこんなに近いのに、ゆ~ったりとした空気が町全体に
流れています。

昨日は、天気が良かったこともあり、春の光を浴びながら、
のんびりすることができました。
特に、このランチしたお店「一軒茶屋」は、廃屋だった古民家を
オーナーが手作業で改装してできたお店なのですが、
古い木材の香りがとてもいい雰囲気を出してくれています。
窓からは、右の写真のような小さな小麦畑の丘が見え、
手前の畑では自家製ハーブも栽培されているとのこと。

オーナーは、
「薪ストーブにあたりながら、のんびりコーヒーでも飲める店を作りたい」、
との思いから、お店を始められたそうです。
これから暖かくなってお客さんが増える前に、お店の周りの掃除をしたり、
冬にむけて薪にする木材の調達をしたり、
「いろいろやらなくてはいけない事があるんだよね~。」とおっしゃっていましたが、
そのお顔はとても楽しんでいるようで、心から好きな事に取り組んでいる方は
本当に素敵だなぁと思いました。

由仁町と言えば、「ユンニの湯」や「由仁ガーデン」が有名ですが、
こういう小さなお店でくつろぐのも、とってもいいもんです。

明日、もう1軒、由仁町の素敵なお店を紹介したいと思います。



[PR]
by happylife-3 | 2006-04-16 22:30 | ★Happyなお出かけ


<< 世界にひとつだけのアイス シベリアからのお客様?? >>