北海道移住のワケ ~その2~
昨日はついに私達が移住したワケを暴露か?! と思いきや
じらしてしまってスミマセン^^;

今日は、"なぜ北海道へ移住なのか" について、いよいよ打ち明けます。

実は私が初めて北海道に降り立ったのは、約一年半前。 
2003年夏のことでした。
それも、旅行ではなく仕事の長期出張。
その当時とても忙しいプロジェクトに関わっていて、
正直 「わーい北海道だ~♪」 なんていう心の余裕は少しもありませんでした。

北海道に出発する前、その忙しいプロジェクトでどんな生活をしていたかというと、

 なんとか時間が空いた隙に買ってきたお昼のお弁当は、
 忙しくて手をつけられず夜まで放置されてたり、
 深夜2時頃になると脳みそと視力の限界を感じて近くのホテルへ寝に帰り、
 ある時は仕事をしながら夜が明けていき、
 お給料はマッサージと皮膚科代(ストレスによる肌荒れ)へ消えていき・・・

といった生活でした。
なので、北海道出張もまさに戦場に向かうかの如く心の準備をして、
同期からの激励の手紙と餞別を胸に抱え、
カチッとした黒いパンツスーツに身を包んで、
いざ初めての北海道へ出陣したわけです。

北海道へ来た後も、想定通りやはり同じように忙しい生活でした。

でもね、東京で同じ仕事をしているのと何かが違うんです。

ちょっと疲れて外に出て伸びをすると
上には青~い広~い空が広がって気持ちよかったり、
夜帰宅する時にふと空を見上げると、夜空に星がたーっくさん輝いていたり、
たまの休日には車をちょっと走らせれば山の自然に触れに行けたり、
ふらっと温泉に行けたり おいしい海の幸を格安で食べれたり・・・・

そういうことに対してとても心地よく感じる ってことに
初めて気がついたのです。

「自分はどんな時に幸せを感じるのか」
「"仕事"だけではなく、仕事も含めたきる動において、
 どんなことを感じ、どんな気持ちで、どんな風に生きていきたいのか」

忙しい中でも心地よい北海道出張生活の中で、
だんだんとそういうことを想うようになったのです。

その時は、出張が終わって東京に帰った後に
その想いがきっかけで人生に対する考え方が大きく変わることになろうとは、
まだ知る由もありませんでした。。。


ということで、東京に帰ってから考え方がさらにどんな風に変わっていったか
については、また次回書きます。
お楽しみに♪
d0012285_0363186.jpg



[PR]
by happylife-3 | 2005-04-27 22:36 | ★想うこと


<< ゴールデンウィーク突入♪ 北海道移住のワケ ~その1~ >>