生まれてから1万日目という日
d0012285_2238772.jpg
今日は、Masaeが生まれてからちょうど1万日目の日です。
昨年、もうすぐ自分が生まれてから1万日目だということを知ってから、
毎年の誕生日のほかに、こうして一生に一度しかやってこない
「生まれてから1万日」という日が、とっても大切な日に思うようになりました。

27歳と半年を迎える頃にやってくる、この「1万日記念日」。
20歳で成人式を迎え、一般的には「大人」扱いをうけるようになりますが、
その時点では学生だったりで、まだまだ世の中の事も十分知らないものです。
きっと、1万日あたりが、仕事もそれなりに経験してきて、
家庭を持ったり、子供を授かる人も出てきたりと、自分の人生が
自分ひとりのものではなくなり、本当の意味での「大人」と呼べる年頃なんでしょうね。

僕は、昨年1万日目を通過して、もう1年近く経とうとしていますが、
Masaeの1万日記念日を、昨年とは違って「夫婦」として迎え、
守るべきもの・大切な人と過ごす時間を大切にしながら、
一日一日を噛み締めて過ごしていきたいなぁと思いました。

考えてみると、夫である僕でさえMasaeと共に過ごしてきた時間は、
1万日のうちのごく一部です。この世の中で、これまでの1万日間毎日、
Masaeの事を想い続けてきたのは、紛れもなくMasaeのお父さん・お母さん
二人だけでしょう。

今日は、改めてそんなお父さん・お母さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-16 22:50 | ★Happyな記念日


<< なんでもない日の贈り物 白い雪と蒼い川 >>