なんでもない日の贈り物
d0012285_2349895.jpg
1万と2日目。
1万日目の記念に、Kazからもらったかわいいピンクのお花の水を取り替えつつ、
今日もこうして元気で暮らしていられることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

夜、Kazの帰宅を玄関で迎えると、後ろに何か隠している様子。
何かと思ったら、近所のケーキ屋さんのケーキ!

今日は何かお祝いごとでもあったかな?と思って聞いてみると、
「よろこぶだろうと思ったから。」

常に二人で楽しく暮らそう!と、笑顔の元をいっぱいプレゼントしてくれる
その気持ちがとても嬉しくて。

高価なものなんていらないのです。
二人で夕食後のデザートタイムを楽しく過ごすための、
近所のケーキ屋さんの小さなケーキだったり、

「ここの景色綺麗そうだよ!今度行ってみよう!」
という言葉と共に見せてくれる新聞や雑誌だったり、

「ごはん作ってくれてありがとう」 という言葉と共に、
豆をごりごりと挽いて淹れてくれる食後のコーヒーだったり。 

そんな、なんでもない日の小さな贈り物たちが、とてもとても嬉しいです。

いくつになっても、こうしてお互いに笑顔の元をいっぱい贈り合える夫婦でいたいなぁ
と思います。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-19 00:07 | ★おうちでHappy


<< 撮れたての夕陽 生まれてから1万日目という日 >>