やまない吹雪はない
d0012285_23585261.jpg
寒い日が続いている北海道です。
札幌もマイナス10℃近くまで下がっています。
さすがにマイナス5℃を超えたあたりから、寒さのレベルが変わります。
でもこの肌に突き刺さるような凛とした空気が、冬らしさを感じさせてくれます。

今年はまだ少なかった雪も、今日はいっぱい降りました。
もう前が見えないほど、真っ白な雪がずーっと降り続きました。
これだけ気温が低いと、雪に湿っぽさは全くなくて、
積った雪は、「サラっサラ」です。
「ふかふか」も通り越して、「サラっサラ」。
息を吹きかけると、フワーっと吹き飛ぶくらい軽いんです。

そして、たっぷり降った後の、雪がなんとまぶしいことか。
サラっサラの雪が、青空に照らされて、本当にきれいです。

踏みしめる雪は、キュッキュッキュと鳴ります。
これでようやく、ああ冬が来たなぁと実感できるくらいです。
やっぱり冬はこうでなくちゃ。

どんな吹雪も必ずやむし、やんだ後の雪景色の素晴らしさを
思えば、吹雪もそれほど嫌なものではなくなります。
長い長い冬も、春を迎える喜びがあるから愛おしい。

だから、今はこうして雪の白さを楽しむのです。



[PR]
by happylife-3 | 2008-01-22 00:08 | ★Happy北海道くらし-自然


<< 食卓の幸せ度がコレでアップします 六花亭のサクサクタルトと塩別つ... >>