3回目の移住記念日
d0012285_22364160.jpg
こんばんは。Kazです。

片道航空券を握り締めて、東京から北海道にやってきた
2005年2月7日から、ちょうど3年が経ちました。

まだ結婚前で苗字の違った二人が、仕事も決めないまま、
「好きな場所で好きな人と暮らす」ということだけ決めて、
北海道での暮らしをスタートしたあの日から3年。

東京での超多忙生活を抜け出し、
まずは自分たちの暮らしを穏やかに、笑顔で暮らせるように
することが何よりも大切だと思い、
「毎日の暮らしの中にある小さな幸せ」をめいいっぱい味わうように
ライフスタイルを転換していきました。

一年前のこの日も、
二年前のこの日も、
やっぱり、北海道で暮らし始めた2月7日は僕たちにとって、
特別な日なのであります。

状況は毎年変わっているし、
一年前に「来年の今頃はどうなっているんだろう~?」と
思っていたように、
今日も「来年の今頃はどうなっているんだろう~?」という
思いがあります。

ただ、今年の場合、「これをやりたい!」というものがあるので、
「どうなっているんだろう~」は神様にゆだねるようなものではなくて、
自分たちの足で歩き、手でつかんでいかなければいけないもの
なんだろうな~と感じています。

そう考えると、ワクワクもするし不安も出てきます。
「絶対にできる!」となる日もあれば、「大丈夫だろうか~?」となる日もあれば。

でも、やっぱり僕たちの場合、悩んだときの答えは二人の間にあり、
原点でもある「身近な幸せを大切にする」ということを忘れなければ、
結果はどうあれ、間違った方向には進んでいかないだろうと信じています。


今日も家に帰ったら、同じく仕事帰りであまり時間がないにも関わらず、
今日という日をお祝いするために、Masaeが手作りのりんごケーキを
作っていてくれました。

そんな毎日の出来事の積み重ねが、僕たちの幸せのカタチ。
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-07 23:05 | ★Happyな記念日


<< 登山家・栗城史多さんの講演会 感動アンテナ >>