カテゴリ:★Happyになるお店( 27 )
木のぬくもりでHappyを
今日は、木のぬくもりを感じに旭川まで行ってきました。

先日ご紹介したお店もそうなのですが、
旭川とその隣の東川町には、たくさんの木材家具のお店や工房があります。

今回は、旭川家具センターでスプリングフェアがやっているということで、
まずは、そちらの会場に足を運んだのですが、そこで、小さくではあるけれど、
木への熱い想いを持った職人さんと出会うことができました。
商品の説明を丁寧にしていただいたり、木の家具を長く使って欲しいという想いを
お伺いし、話の端々から「木が好き、だからこの仕事をしている。」という情熱が
伝わってきました。
家具でも、食べ物でもなんでもそうなのですが、何かものを買うときは、
このように作っている方の想いが伝わってくるものを買いたいですね。
そうすると、長く大切に使いたくなりますもんね。

続いては、同じく旭川のクラフトショップ「コサイン」へ。
こちらも小さいお店ながら、木を大切に使い、とってもぬくもりの
あふれた商品を作っているお店です。

d0012285_23512684.jpg
制作の工程で出された木の端材も、このように袋詰めにして、
無駄なく使えるようにしてくれています。
「こっぱ」とは言え、家具を作る木材なので、材質はとても素晴らしく
手触りがすごく気持ちいいんです。

d0012285_23515179.jpg
丸や三角や四角のこっぱを、積み木にしても遊べるし、
背の順に並べてみるのも良い感じです。

馬を作ってみたり。d0012285_23532362.jpg
車を作ってみたり。d0012285_23533393.jpg
家を建ててみたり。
d0012285_2353444.jpg

久しぶりに積み木をやりましたが、、積み木ってものすごく想像力を使うんですね。
こどものほうが、ひょいひょい作れちゃうのかもしれません。
大人になってしばらく使ってなかった頭がちょっぴり動き出した感じでした。

携帯ゲームの脳トレより良いかもしれません^^



[PR]
by happylife-3 | 2007-03-11 00:05 | ★Happyになるお店
自然とともに生きる
d0012285_23592690.jpg
北海道の真ん中・旭川の隣にある東川町という小さな町の、
そのまた外れの山奥に、廃校になった小学校を工場にしている、
北の住まい設計社」という会社があります。

この廃校跡の工場で、自然を大切に、木を大切にしながら、
家具が生み出されています。

札幌のあるお店で見つけたダイニング・テーブルが、
この「北の住まい設計社」のものだと知り、実際に作られている
現場に行ってみたくなり、訪ねてみました。

そこには、同じように大切に育てられた木で創られた
ショールームとカフェが併設されているのですが、
ひとつひとつの家具も、カフェのひとつひとつの料理も、
どれもシンプルだけど、とてもあったかい。

ホームページに記載されていた、「私たちがおもうこと」には、
とても共感できたし、そういう想いのもとで、ものづくりできる会社って
素敵だなぁと思いました。

************************
「私たちがおもうこと」

森と、大地と、空と、川と、海と。
そして、そこに生きるすべてのものたちが共存し、
たすけあっていけるはずの、この地球。

この、かけがえのない'星'を、
私たち人間だけの都合で壊すことのないように。

考え方をかえられるのも、生き方をかえられるのも、
人間だけなのですから。

いつまでも、いつまでも地球に生きるすべてのものたちが、
幸せであり続けられるように。

いま、私たちひとりひとりにできること…。
私たちが暮らしているこの地球に、限りなく未来があるように、
少しでも、私たちにできること。

たとえば、自然にやさしい、天然の素材で作ること。
素材が生き続けられる、やさしい作り方であること。
修理も可能な、しっかりとした手仕事であること。
そして、飽きのこないシンプルなデザインであること。

これは、自然のサイクルと同じだけ、永く、永く、
子供たちの子供たちまでも幾代にも渡って、使い続けてもらいたいという
「北の住まい設計社」の願いでもあります。

************************

d0012285_0115591.jpgd0012285_012327.jpg



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-11 00:13 | ★Happyになるお店
隠れ家カフェでひとやすみ
d0012285_16531641.jpgたまたま用事があって、普段通りがかることのない小道を車でゆっくり通っていると、
ふと一軒の素敵なおうちが。 

「うわ~ ここのおうち、素敵だね。
 ん? ちょっと待って、”Cafe” って書いてあるよ?!
 ここ、カフェなんだ~!!」

発見してしまいました。
とっても素敵な、隠れ家のようなカフェ。 

用事がなければ絶対に偶然通りがかることのない、閑静な住宅街の中にあるお店。
すごくすごく気になって、翌日さっそくランチをいただきに行ってみました。

一歩足を踏み入れると、木のいい香り。
暖炉の薪がパチパチと燃えていて、とても静かで温かい空気。 
内装はご主人がお友達と一緒に自分たちで創り上げたということで、
なんだか友達の家にお邪魔しているような、そんな感覚。

ランチメニューはカフェにしてはとてもボリュームがあって、
おなか一杯おいしくいただきました。
食後のコーヒーも最高においしかった!

「今度は本を持って、またおいしいコーヒーいただきに来ますね。」

そう約束して、お店を後にしました。

のんびりしたい時の、二人の隠れ家カフェにしよう。
お気に入りの場所が、またひとつ増えました。



[PR]
by happylife-3 | 2006-12-29 17:13 | ★Happyになるお店
やっぱり食欲の秋!
d0012285_042712.jpg
今日はハロウィーン。
ハロウィーンといったらかぼちゃ!

そう、私の大好きなかぼちゃの日であります。
普段あまりかぼちゃを食べないKazも、去年作ったかぼちゃグラタンは気に入ってくれたようで、
今年もリクエストに応じて作ってみました。 
(待ちきれなくて、二人ともスプーンを入れてしまってから 「写真写真!」 と気付いて
 慌てて撮った私たち。。。(笑))

寒い季節はやっぱりホクホク系のお野菜に限りますね。
おなかも心も満たされて、最高に幸せです。

そして、「食欲の秋」とは良く言ったもので、なぜかこの時期になると
甘いものもいつも以上に食べたくなってしまうんですね~。
こちらは、「ハレル屋」さんのロールケーキ。
d0012285_045473.jpg
以前ご紹介したことのある「牛小屋のアイス」と同じ敷地内にある、ロールケーキ屋さんです。
注文してから、目の前でクルクルクルっと巻いて作ってくれて、
片手で持ってかぶりつけるようになっています。 

私はもちろん大好きなかぼちゃが入った、秋限定のパンプキンロールを。
Kazはもちろん大好物の苺が入った苺クリームロールを。

片手で持って、二人とも夢中でパクパクパク。 
ひとつひとつ丁寧に作ってくれたロールケーキは、とってもおいしかったです。 

おいしいものを、”おいしいなぁ。幸せだなぁ。ありがとう~。” と感じながら食べると、
体も心もすごく喜んでいるような気がして、嬉しくなりますね。



[PR]
by happylife-3 | 2006-10-31 23:02 | ★Happyになるお店
秋の味覚
d0012285_18501448.jpg
今週末は、大好きなパン屋さんのパンで、Happy Lunch。
なんと今月は、私の大好きなかぼちゃフェア開催中!
写真一番手前のパンには、かぼちゃの煮っころがしが入っていて、
かぼちゃ好きの私はもうとっても幸せ。 

こちらのパン屋さんは、パンの生地はもちろん、パンの中身もとーってもおいしいのです。
このかぼちゃの煮っころがしもそうだし、カレーパンのカレー、
"アマトリチャーナ"のトマトソース仕立ての具、
"マリナーラ"のシーフードにとろりと絡まったホワイトソース仕立ての具、
クリームパン "クレマクレマ" の甘すぎないコクのあるクリーム などなど・・・

どれも本格的な味で、たくさんある種類の中からどれを選んでもはずれがありません。
さらにいつもすごいなぁと思うのが、全てご主人一人で作っているということ。
そして、そのひとつひとつを、自分の子供を送り出すように笑顔で丁寧に売っている奥様。

休日に遠出をする際、時々その土地で有名と言われるパン屋さんに行ってみたりもしますが、
あるお店ではひとつの袋に全てのパンを無造作に入れられて、
「スマイルキッチンだったら、ひとつひとつ分けて丁寧に袋に入れてくれるのになぁ」とか、
あるお店ではパンの説明書きを見て、
「スマイルキッチンだったら、もっとひとつひとつに思いを込めているのが伝わってくるよね」とか、
目を合わせてくれない無表情な店員さんに出会うと、
「スマイルキッチンだったら、とびっきりの笑顔で出迎えてくれるのにね。」

なんていう感じで、いろんなパン屋さんに行くたびにスマイルキッチンが恋しくなってしまって、
やっぱりスマイルキッチンは私達の大好きなパン屋さんで、
幸せを感じるパン屋さんなのでした。

いつも私達の心の中に存在してくれるあったかいパン屋さんでいてくれて
どうもありがとうございます!

d0012285_18502963.jpg
さてこちらは、六花亭の季節限定商品 「栗きんとん」 と 「栗きんつば」。
栗の味がそのまま生きていて、甘すぎずあっさりしていて、あったかい緑茶に良く合います。

季節ごとに、その時しか味わえない味覚を楽しめるって幸せですね。



[PR]
by happylife-3 | 2006-10-22 19:41 | ★Happyになるお店
晴れの日にHappyカフェ
d0012285_22451339.jpg
先週は曇りの日が続きすっきりしないお天気でしたが、
週末からまた青空が復活!

私たちは晴れるととにかく遠くへ出かけたくなってしまうのですが、
昨日はあえて青空が広がって気持ちいい空気の中
近所の気になっていたカフェに行ってみました。

ダンディーなマスターが一人でやっているこのお店。
じっくりとおいしい珈琲を淹れてくれます。
昼間はカフェで、夜はショットバー。
濃い色の木で造られた店内は、ちょっぴり大人で落ち着いた雰囲気。

窓辺にさりげなく飾られたガラスの器が
外から差し込む太陽の光を受けてキラキラ。

大きな木のテーブルの上に、二人の大きなノートを広げて、
マスターが淹れてくれたおいしい珈琲を飲みながら
二人であぁだこうだと、いろーんな落書きをかいて
これからのことにいろんな想像を膨らませて。

晴れた日に、遠くへ出かけるのではなく、
こうしてのんびりと過ごすのもいいかもしれないな。



[PR]
by happylife-3 | 2006-06-05 23:42 | ★Happyになるお店
世界にひとつだけのアイス
昨日Kazが書いたように、由仁町では素敵なお店や景色と出会い
すっかり気に入ってしまいました。

さてその素敵なお店もう一軒というのは、こちらです。
d0012285_0341374.jpg
d0012285_0344767.jpg
由仁名物(?) 牛小屋のアイス です!
以前Cold Stone Creameryの話を書いた時に、
ブログを読んでくださった方から教えていただいて、ずっと気になっていたのです。

牧場の片隅にたたずむかわいらしい店構え。
そう、ここは本物の牧場で、その日にとれた新鮮な牛乳を使って
アイスを作っているのです。
 (→「牛乳がアイスになるまで」)

店内に入ってみると・・・
なんと、かなりの列。 
お店の方がお客さんたちに
 「1時間近く並んでいただくことになると思いますが、大丈夫ですか?」
と聞いても、みなさん笑顔で 「大丈夫です!」 と。 
私たちも負けじと笑顔で 「大丈夫です!」。

まだ肌寒い北海道の、札幌から車で50分離れているこの由仁町の
アイスクリーム屋さんがこんなに混んでいるとは思ってもみませんでした。
それでもみんな買いにくるのは、やっぱりおいしいからなんでしょうね。
どんなトッピングで注文しようか悩んだり、店内の雑貨を見たり、
お店の人とお客さんのやりとりを聞いて楽しんだりしていたら、
待ち時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ここのお店の方は、とにかくエネルギーがすごいんです。

ここのアイスは、トッピングが自由に選べて、
いくつ混ぜても料金は同じなのですが、
お店の方は一人一人に 「何入れたい?」 と聞いて、一つずつ作っています。
時には 「イチゴ入れたら、こっちは入れないほうがおいしいよ」 とか
「これとこれも入れたらどう?」 なんてアドバイスをくれたり、
「今日はどこから来たの?」なんて世間話をしたり。 

私が先にアイスを受け取って、食べずにKazの分が出来上がるのを
待っていたら、「とけちゃうから早く食べちゃいな~ おいしいっしょ?」 
なんて言ってくれたり。

ずらりと並んでいる全てのお客さんひとりひとりに、
こうして元気よく話しかけながら作ってくれるんです。 

そして自分好みの材料で出来上がった世界に一つだけのオリジナルアイスは、
とにかくおいしい!!! 
写真を撮るのもそこそこに、二人で 「おいしい~!」 とにんまりしながら
いただきました。
d0012285_162033.jpg


なぜだか待ち時間もすごく楽しかったし、こんなに好きなものをたっぷり
トッピングしたアイスを食べれるなんて、最高です。 
北海道はまだ肌寒いですが、そんなのも忘れさせてくれるくらい
おいしい楽しいアイスクリーム屋さん。 

お近くの方は是非足を運んでみてください~



[PR]
by happylife-3 | 2006-04-17 23:19 | ★Happyになるお店
午後にぴったりのケーキ屋さん
d0012285_152884.jpg先週も雪が降ったり気温が低かったりで、
なかなか春がやって来ない札幌です。

僕達も春になると、一気に外に出て活動的になるのですが、
もうひと辛抱必要なようです。

そんな春を待つのにぴったりなカフェが近所にあります。
「ドルチェヴィータ ターヴォラ」。
札幌ではご存知の方も多いかもしれませんが、
最近人気の出ているお店です。

ここは、木の温もりがものすごく感じられる建物で、
窓が大きく、午後の陽の光がたっぷりと差し込んできて、
外の寒さを忘れさせてくれる暖かさがあります。

外観も北欧のような雰囲気で、札幌の空の下にぴったりの
雰囲気のお店です。

ここは、コーヒーはもちろん、ケーキがとってもおいしいんです。
甘いものに目がない二人は、もうここのケーキの虜になって
しまいました~。

午後の光の差し込むこの窓辺のこの席に座って、
もう少し春を待とうと思います。

d0012285_113872.jpg



[PR]
by happylife-3 | 2006-04-09 01:11 | ★Happyになるお店
今日も毎日の元気の素をもとめて
d0012285_23285325.jpg
よく日記でご紹介している、私たちの大好きなパン屋さん。 
だいたい、二週間に一回くらいのペースで、朝食を仕入れにお店にうかがいます。 

d0012285_232922.jpg黄色い壁のかわいらしいたたずまい。
店内には、いつも心がウキウキ楽しくなるような音楽が流れていて、
オーナーご夫妻もいつもとびっきりの笑顔で出迎えてくれます。 

置いてあるパンには、ひとつひとつ丁寧な説明が書いてあって、
普通のパン屋さんには置いてないような、ちょっとかわったパンもあり、
パン好きの私は見ているだけで楽しくってしょうがないのです。 

一度でいいからお店のパンを全種類買い占めて食べてみることが
実は私たちのひそかな夢です^^ 

この小さなパン屋さんの存在は、私たちのHappyLifeに
なくてはならない存在です。 
いつもありがとうございます。 
明日も二人で朝食をとるのが、楽しみです。 



[PR]
by happylife-3 | 2006-03-12 23:42 | ★Happyになるお店
春 時々 冬
昨日の日記にも書いたように、外に出ると少しずつ
春に遭遇するようになってきました。

でも今日の札幌は吹雪。
まだまだ気を抜かせてはくれません。

さて、今日はお気に入りのカフェ紹介です。

d0012285_059519.jpg
円山方面の住宅街の中にひっそりと
たたずむこのお店。
築50年の民家をそのまま使用しているというだけあって、
店内はとてもレトロな雰囲気が漂っています。
けっして広くはない店内で、丁寧に淹れられた珈琲がいい薫りです。
こういった、作り手の愛情がたっぷりこもった珈琲を味わうことが
非常に心地良く感じられる今日この頃。

d0012285_121760.jpg
季節は、「春時々冬」。
お店の名は、「森彦」。
おすすめです。



[PR]
by happylife-3 | 2006-03-09 01:13 | ★Happyになるお店