カテゴリ:★想うこと( 43 )
きれいな空を見上げて想う
d0012285_20371515.jpg
ここ数日ずっと、朝起きてカーテンを開けると
とっても綺麗な空が広がっています。
数十分後には曇っていたり、雪が降っている・・・という日もあるのですが、
なぜか起きてカーテンを開ける瞬間は、いつも爽やかな空。
朝焼けのオレンジ色と、”青空”もまだ眠くて本領を発揮できていない・・・
という感じの淡い水色が溶け合った素敵な空。

綺麗な空を見上げると、自分の大切な人たちのことが頭に浮かびます。

「Kazに、”今日は綺麗な空だよ~” って教えてあげよう」 
「実家の方はどんな空模様かなぁ?」 
「最近連絡を取っていないあの人は、元気にやっているかなぁ?」 
「仕事が忙しそうなあの人は、体壊していないかな・・・」
「今年結婚する友達、順調に準備が進んでいるかな?」
「赤ちゃんが生まれて家族が増えた友人たち、ちゃんとパパママしてるかな?」

などなど。。。



そんな瞬間が、またとっても幸せだったりします。

大切な、家族や友人たち。
中には頻繁に連絡をとれない人もいるけれど、
いつも 想っています。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-24 00:05 | ★想うこと
ブログカテゴリを整理しました。
d0012285_1623998.jpg
僕たちのブログのカテゴリは今まで、設定してはいたものの、
あまり効果的には分類されておらず、ほとんどの記事が
「小さなHappy」というカテゴリに入っていました。

ブログの記事数も、もうすぐ400に達しようとしており、
今まで書いた内容を振り返る意味でも、カテゴリをもう少し
細かく設定することにしてみました。

分類してみると、よくわかったのですが、
「HappyLife日記」として書き綴っていることもあり、
自分たちがHappyを感じることが記事のネタになったいることが
多いわけです。

それぞれの記事を、内容ごとに分類してみると、
「Happy」というキーワードを軸に、どういうことに関して
自分たちがHappyを感じているのかということがよくわかってきました。

例えば、ごはんを食べて「おいしい」ことへのHappyだったり、
北海道で暮らす中で、季節の移り変わりの美しさへの「Happy」だったり、
ふたりの時間を共有しているときの「Happy」だったり。

・自分らしく暮らす
・毎日を心地よく暮らす

を実現しようとするときに、自分がどういうことに関して
「心地よさ」や「Happy」を感じられるのかということが、
わかっていることが大切だと思います。

だから、「Happy」をキーワードにそれを取り巻くものごとを整理・分類していくと、
自分は○○をしているときが、幸せなんだなぁ、
ということが自然と見えてきます。


新しい年の始まりに、ブログのカテゴリ整理をして、
また、過去の自分たちが書いた記事を振り返ることによって、
なんだかとてもスッキリとした気持ちになりました。

今年もまた、このHappyを取り巻くカテゴリを中心に
毎日暮らしてゆき、みなさんとともにHappyの輪を広げていけたらと思います。

改めまして、今年もよろしくお願いします~!



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-07 16:12 | ★想うこと
それぞれの路
d0012285_23335421.jpg







この足跡は、誰のもので、どこに向かって進んでいるんだろう・・・


d0012285_23343086.jpg
この飛行機は、誰を乗せて、どこに向かって飛んでいっているんだろう・・・

みんなそれぞれ違う路。

みんなそれぞれ違うペース。


2006.1.4 @長沼町の青い空を見上げて


[PR]
by happylife-3 | 2007-01-05 23:38 | ★想うこと
じぶんの心がきめる
d0012285_2191392.jpg公園にいったら、藤の花がすごくきれいに咲いていました。 
下を歩くたびに、ふわ~ っといい香り。 

藤の花なんて見たの、いつぶりだろう??
ふと、私が通っていた幼稚園に、キレイな藤の花が咲いていたことを思い出しました。 

前にも書きましたが、最近 木 にもとっても惹かれます。 
なんでしょうね、木って何かすごいエネルギーを持っているような。

でもこんなこと、今まで感じたことがなかったから不思議です。
心って、閉ざしていると目の前にとても素敵なものがあっても、全く見えない。
でも、ちょっと開いてみると、ものすごくたくさんのイイコトを感じられるんですね。 

なんてことをふと考えていたら、部屋の中に飾ってある
相田みつをさんの言葉が目に入りました。 

 「しあわせは いつも じぶんのこころが きめる」 




d0012285_21232941.jpg





[PR]
by happylife-3 | 2006-06-14 21:24 | ★想うこと
立ち止まるのも良し
d0012285_044892.jpg
街の中は常に人や車が動いていて、時間の流れが早く感じるけれど、
公園の中に入り込むと、ぴたりと時間が止まってくれる。

忙しい毎日の中で、時には公園に行って、時間を止めてみたり。
必ずしも流れに乗っている必要もないから。
時に、そういう時間があってもいいんじゃないかと思います。



[PR]
by happylife-3 | 2006-04-14 00:49 | ★想うこと
小樽の夜景
d0012285_041280.jpg
ここは僕が育った街。
上から見下ろすと、こんなにきれいだったって
ことに気づいたのも最近のことです。

僕がこの街で暮らしていた子どもの頃と言えば、
冬は、この山をスキーで駆け降りていたし、
夏は、この山の麓に見える野球場で白球を追いかけていたし。
当然、こんなに全体を見渡す視野の広さなんて持ち合わせておらず。
早くこの街を飛び出して、都会で暮らしたいな~なんてこと
ばかり考えていた気がします。

この歳になって、少しずつですが、わかってきたこと、
感じ方が変わってきたことに気づきはじめるようになりました。

まだまだ、答えなんて見つかるわけではないですが、
自分の心に響くのは、例えば、ここに見える街の灯りの
一粒一粒がきれいだとか、空が青くて心地よいだとか、
意外とシンプルなことばかりのような気がします。



[PR]
by happylife-3 | 2006-02-21 00:23 | ★想うこと
自然・力
d0012285_0105764.jpg
今でも時々思い出すんです。
初めて目の当たりにした時の、あの衝撃を。

写真では見たことがあったけど、それが本当にこの地球上に
存在するなんてことが、信じられなくて、自分の目で確かめたくて、
2年前の今頃、オーストラリアに行きました。

生まれ育った北海道を離れて8年ほど経過し、
東京の暮らしにも慣れてきた頃のことです。

東京で暮らし始めた当初、人工的な巨大な建物や広大なテーマパークに
驚きの連続でしたが、やがてどんな新しいものが建てられたりしても、
その驚きは徐々に小さくなっていきました。

ディズニーシーができても、六本木ヒルズができても、
一瞬、すっげーと思うんだけど、「東京だからな、できちゃうだろうな」と
納得できるようになっていました。

その驚きが小さくなってきたことに気づき出したちょうどその頃、
それまでで一番大きな驚きを感じてしまいました。
エアーズロック、あなたに出会って。


自然が創りだす力の凄さを感じ、自分がそれに心震わされている
ことに気づきました。

今、自分が北海道に暮らしているのも、この出来事がきっかけと
なっているような気がします。


[PR]
by happylife-3 | 2006-01-31 00:32 | ★想うこと
巡っていくということ
d0012285_23425956.jpg
今日は本棚の整理をしました。
二人で一冊一冊 「もう読まないか、まだ持っているべきか」 の審査をし、
読まないと判断された本を本棚から抜いていったら
結構な量になりました。

さっそくその本たちを持って、ブックオフへ。
いらなくなった本たちを売って、新たに別の本を購入しました。

店内には、私たちが売った本と同じように
誰かに連れられて売られた本がたくさんありました。
一冊一冊それぞれが、誰かが本屋さんで 「読みたい」 と思って購入し、
或いはプレゼントされ、或いは偶然その人の手元へ辿りついた本。

そしてあるタイミングがきて持ち主の元を離れ、
また新たな持ち主を待っている。

この一冊一冊は、どんな人たちの元で、どんな役目をしてきたんだろうなぁ
ある人の元では大切な気付きを与える役割をしたり、
ある人の元では感動を与える役割をしたり、
ある人の元では本棚にただ飾られる役割だったかもしれない。

こうしていろんな人の手に渡って、それぞれ違った役割をする古本って、
なんだか不思議な面白い存在だなぁ なんて
お店の中でふと考えていたのでした。

私たちが手放した本たちも、素敵な持ち主さんに大切にされるといいなぁ




[PR]
by happylife-3 | 2006-01-30 00:03 | ★想うこと
大切なことは自然に聞いてみよう
d0012285_23533445.jpg

d0012285_2354223.jpg

d0012285_23542458.jpg
世間を揺るがすどんなに大きなニュースが飛び込んでこようとも、
この自然たちは、微動だにしません。

悠然と、悠然と構えるだけ。


[PR]
by happylife-3 | 2006-01-23 23:58 | ★想うこと
時々考えるんです
d0012285_112391.jpg
道路にも、木の枝にも、たくさんの雪が積もっているのに、
まだ木の枝に頑張ってちょこんとついているイチョウの葉っぱを見つけました。

***
最近、「人生は有限である」 ということを考えるきっかけが、何度かありました。
当たり前のことなのですが、たとえば今から150年前も
今現在この星で生きている私たちと同じように、朝起きて、ごはんを食べて、
仕事をして、家事をして、友達と遊んで、家族と団欒していた人たちが、
この星でそれぞれの人生を生きていました。

でも、今、その人たちはこの星の上にはいません。

そして、今から150年後、今現在この星に生きている人たちは全て、
この地球からいなくなっています。

もしかしたら生まれ変わったり、魂として存在したり(?)、その辺はよくわかりませんが、
少なくとも今持っている名前、顔、体、家族、友達、人生・・・では存在しません。

どんなに偉い人でも、どんなにお金持ちの人でも、どんなに天才な人でも、
150年後には地球からいなくなっています。

それは、変えることのできない事実。

だからこそ、この大切な時間を、なるべく笑顔で心地良く暮らしていきたいなぁ
と改めて思うのです。

私もやっぱり完璧な心を持っているわけではないので、
時々ふっと 「欲」 というものが邪魔をしたりします。
すごそうな肩書きに惹かれてみたり、物質的なことだけに目を奪われたり。

そんな時に、この 「人生は有限である」 ということを思い出すのです。
そして、人生の幕を閉じる時に、どんなことを想いたいか ということを考えます。
すると、目先の欲だけに目を奪われることによって、
どんなに自分の人生の中身が薄くなってしまうか、ということに気付かされます。

「人生は有限」 って、決してネガティブな意味で言っているわけではないんです。
その事実をしっかりと認識するからこそ、人生を楽しもう、
一日一日を大切に生きよう、感謝しようという心が生まれてくるし、
どうせ有限なのであれば、自分も周りの人もなるべく気持ちよく暮らしていけるように
していこう、と思ったりします。
自然と周りの人に対しても、優しくなれるような気がします。

やっぱり私は、自分が抱いている幸せのカタチをしっかり心に持って
暮らしていこう と改めて思ったのでした。

***
このイチョウの葉っぱも、充実した時を過ごせたかなぁ。




[PR]
by happylife-3 | 2006-01-07 01:49 | ★想うこと