カテゴリ:★想うこと( 43 )
離れているから、わかること
d0012285_14254310.jpgみなさん、こんにちは。
久しぶりに登場のかずです。

いつも温かいお言葉、ありがとうございます~。
東京生活に疲れた時に、とても励みになっています。

東京生活も残り半分くらいになりましたが、
東京にいると、改めて北海道っていいな~と感じます。

一番の違いは、やっぱり「空」でしょうか。
このブログにもよく写真を撮って載せていますが、
僕たちって、空が大好きなんですね。
きれいな空、大きな空、を見ているだけで、とっても幸せな
気持ちになれるんです。

空は、どこにいても平等に大きいはずなのに、
見る場所によって、大きさが違って見えるのはなぜでしょうね。

この前、夜に新宿方面の空を見上げたら、夜空なのに
明るかったです。高層ビル群の放つ光に照らされた夜空は
白く光っていました。あるビルなんかは、屋上から夜空に向かって
とても強い光を放出していました。いったい何のために・・・?

ナチュラルライフ。
夜空は暗いのがナチュラル。
白く照らされた夜空は、不自然。

これからもナチュラルを求めて生きていこうっと。


[PR]
by happylife-3 | 2005-06-18 14:26 | ★想うこと
あたりまえのことほど 大切なこと
d0012285_0433796.jpg


今、仕事でインドの人たちとやりとりをしています。
先日ネットミーティング中、彼らは突然こんなことを言い出しました。

 「最近毎日停電で、日中パソコンを十分に使えないんだよ」

ま、毎日停電??
なんでまたそんなに停電が多いの?と不思議がっている私に
彼らは親切に説明してくれました。

インドでは、国全体(地域によって多少異なりますが)で
電力が不足しているそうです。
毎朝、新聞に 「本日の停電時間:○時~○時」 なんてお知らせが載るとか。
多いときで日中6~8時間くらい停電があったそうで、
お仕事は電気が使える夜中に徹夜してやっていたようです。。

電気なんて、使えるのが当たり前って思っているから、
逆に使えなくなったらどんなに不便だろう・・・ って考えてしまいました。
毎日当たり前のように使っているパソコンも使えなくなるし、
うちはオール電化マンションなので、お料理もできないし温かいお風呂にも入れない。
当たり前だと思っていることって、普段は無意識で使っているから
特になんとも思わないけれど、なくなって初めて 
「こんなに使わせてもらっていたのね、ありがとう!」という気持ちが
芽生える気がします。
当たり前のことほど、なくなった時の衝撃も大きい。
当たり前のことに、「いつもありがとう」 って感謝しないといけないなぁ

そういえばちょうど一年前に、一人でインドを旅したことを思い出しました。
上の写真のように、路上生活者の人たちは朝になったら道端の水道で
手で洗濯をし、昼になったら路上生活のご近所さんたちと一緒に
ごはんを作って食べる。
重病のおばあちゃんにごはんを食べさせてあげた時の嬉しそうな顔。

洗濯するのもごはん食べるのも、当たり前のこと って思っているけれど
洗濯してきれいな洋服が着れるのも、食材を買ってごはんを作れるのも
ほんとに幸せなことなんだなぁ って思ってしまいました。

"あたりまえ"のことに感謝して 豊かな人生を生きていきたいと思います。
d0012285_22283.jpg
d0012285_22387.jpg


あと数時間後には太陽が昇り、その数時間後にはインドにも太陽が昇ります。

今日という日をありがとう。
d0012285_275720.jpg





[PR]
by happylife-3 | 2005-06-03 02:08 | ★想うこと
ま、の~んびり♪
昨日までストーブをつけるくらい寒かったのですが、
今日は晴れ しかも最高気温18度!と、本当に気持ちの良いお天気でした。

こんなに気持ちのいい日に外に出ないわけにはいかない~! と、
お昼休みにかずと大通公園で待ち合わせをして、ぽかぽか陽気の中
ランチをしました。
d0012285_0444868.jpg
d0012285_0445887.jpg


大通公園は札幌の中心部のど真ん中にあるにも関わらず、
緑が多く開放的でとてもくつろげる場所です。
今日行ったら、チューリップがた~っくさん咲いていました。
そして、子供連れのお母さんや、お昼休み中のサラリーマンや、
お弁当を広げているOLさんたちや、芝生で寝転がって日光浴をしている
外国人の方や、芝生の上で大の字になって熟睡しているおじさん 等々
いろ~んな人が、思い思いにこの初夏の陽気を楽しみながらくつろいでいました。

「こんな札幌の中心部のど真ん中にある公園なのに、
 いろんな人たちが自分の好きなようにくつろげて、空もひろーく見えるこの公園て、
 ホント素敵だねぇ・・・」
と、好きなようにくつろいでいる人たちを眺めながら、二人とも
とてもHappyな気持ちになりました。

こういう何気ないひと時に、北海道に来て本当によかったな~ と
しみじみ感じます。
私たちが至福を感じる 「太陽の光」 と 「広い空」 をこんなにも感じることができる
この場所は、私たちにたくさんのHappyを与えてくれています。
ありがとう~☆


移住してきてからは、こんな小さなHappyを日々感じられる毎日を送っていますが、
やっぱりまだ東京にいた頃の"時間に追われて焦っている自分" っていうのが
抜けきれていなかったようなんです。

たとえば東京にいた時は、あまりプライベートの時間がなかったので、
少し時間が作れた時には、やろうと思っていたことをやれるだけこなしてしまおう
という感じで、時間に追われた日々を送っていました。

北海道に来てからは、もちろんたっぷり自分の時間があるので
そんなに焦る必要はないのですが、染み付いてしまった癖?でしょうか、
無意識に 「今日中にこれやらなきゃ!」 とか 
「やばいっ まだこれやってなかった~」
と、自分のやりたいことに対してせかせかしていたみたいなのです。

ある時かずに

 「まさえ、別に今日できなかったら、明日やればいいんだよ。
  まさえが今日やろうと思っていたことは、誰かに"今日中にやれ"と
  強制されているわけじゃなくて、"自分がやりたいこと。やったら楽しいこと"
  なんだからさ、」

といわれて、初めて気付きました。 

私は時間がなかった時の癖でついつい 「To Doリスト」 を作ってしまうのですが、
かずにそれをいわれてから 「Want to do リスト」 に名前を変えてみました^^
そうすると、「やらなきゃいけない」と焦らなくなり、
なんだかもっともっと楽しい気持ちで、ゆったりとした心で過ごせるように
なりました☆

この焦らない気持ちを忘れないように、こんな感じで記しておきました^^
d0012285_185672.jpgd0012285_19564.jpg


文・まさえ / 絵・かず です(笑)
もしこれと同じものをもし欲しい方がいたら、先着10名様に
ハガキサイズのものをプレゼントしま~す(*^-^*)/

焦る必要なんてどこにもないんですね。

の~んびり。 
ゆっくり。
毎日を過ごしていきましょう~♪



[PR]
by happylife-3 | 2005-05-20 23:59 | ★想うこと
みんなのお姉ちゃん
『大切な友達への言葉』を書き始めて以来、
自分の進む道に行き詰ったり、悩みを抱えている人たちから

 「まさえの言葉を読んで目の前が明るくなったよ~」
 「まさえの言葉を読み返して、元気になった!」
 「まさえの言葉を何度も何度も読んで、やっと大切なことに気づいたよ~」

といったような、たくさんの嬉しい言葉を頂いています。
その度に、こんどは私が元気いっぱい笑顔いっぱいになります。
みんな、どうもありがとう~♪

今日も、大切なお友達からすごく嬉しいメールをもらいました。
その子にとって「お姉ちゃんみたいな私」に、
自分が進んでいく道に対する悩みをありのままに話してくれました。
いろーんな気持ちが混ざった長いメール。
それがとっても嬉しかったのです。

人の気持ちって、それがどんな人であっても、
理路整然と簡潔に説明できるようなものではありません。
もし簡潔に説明できるとしたら、それはどこかしら偽っているか、
素直な感情を隠しているか でしょう。
悩んでいる時なんて特に、矛盾した気持ちがたくさんだと思います。

心の内をありのままに言葉にすれば、
それはそれはすごく複雑な文章になってしまうはず。
だから、いろんな気持ちの混ざった長いメールを
私に書いてくれたことが本当に嬉しかったのです。
そしてその子も、悩んだ時に私の言葉を読み返してくれたようです。
どうもありがとう~☆
ひとつ笑顔をもらいました。

こうやって、たくさんの人が私の言葉を読んで何かに気づいてくれたり
元気になってくれたりする度に幸せを感じます。
もっともっとたくさんの人に言霊を広めていきたいな~ 
近々本にしたいです。
表紙は一面空の写真。
たくさんの人が手にとってくれているイメージが浮かびます♪

思い返してみると、小学生の頃からずっと、人から相談されることが多い私。
口下手だけれど、話を聞いてあげられる「耳」は持っているからかな。
これからも、たくさんの人の「お姉ちゃん」として、
悩みや想いの吐き出し口となっていけたらいいな~ なんて思います。
その人たちがそれでスッキリ笑顔を取り戻したり、
何か大切なことに気付けたりしたら、それだけで嬉しいから。


あ、それから、シフクの言葉をご注文頂いて、まだお送りできていない皆様、
もう少々お待ちください~
ゆっくり書かせて頂いています。
その方のお顔を思い浮かべたり、どんな方かな~と
想像したりしながら、"たくさんの幸せがありますように~" とパワーを込めて
一筆一筆ゆっくり丁寧に言葉を書き、言葉とは別にその方のことを
考えながらお手紙を書かせて頂いています。

そんなわけで、お一人分書くと次の方の分へ注げるパワーが
減ってしまうため(笑)、ご注文頂いた方としっかり向き合って
ゆっくりゆっくり書かせてもらっています。

みなさんと出逢えたことに、感謝します☆



[PR]
by happylife-3 | 2005-05-11 23:59 | ★想うこと
うれしいメール
GW最後の日曜日ですが、札幌は昨日・今日と寒かったです。
GW中盤まで良い天気で、北海道の春を感じられるとても気持ちいい
陽気だったのですが、また一歩後退です。

そんな曇り空を吹き飛ばしてくれるような出来事が今日はありました。

以前から北海道に移住したいと考えていらっしゃった方から、
僕たちのブログを読んで、「北海道でHppy Lifeを送りたい」という
メールをいただいたのです。

このブログを始めるにあたって、僕たちと同じように北海道に移住を
考えている人と知り合いになれればいいね~と二人で話していたので、
今日はそのような方からメールをいただき、本当に嬉しくなりました。

僕たちは自分の幸せを感じられる場所で、幸せを感じられることをして
暮らしたいと思い、北海道に移住してきました。
自分たちの幸せの価値観にしたがって行動することを何より大切にして
いきたいと思っています。

周りがどう言おうが、お金が増えなかろうが、
自分がワクワクすることを実行していき、心豊かに暮らしていくことが
僕たちの幸せのカタチです。

そして、もっとみなさんと幸せのカタチを分かち合っていきたいなぁと思い、
今密かにホームページを作成中です。。。(なかなか進まないのですが^^;)

これまでも、僕たちのブログにコメントしてくださった方々、
彼女の言葉プレゼントを、「欲しい」と言って下さった方々には、
温かい言葉をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
その温かい言葉が僕たちをHappyにさせてくれています。

d0012285_23281217.jpg

みなさん、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。



[PR]
by happylife-3 | 2005-05-08 23:31 | ★想うこと
北海道移住のワケ ~その2~
昨日はついに私達が移住したワケを暴露か?! と思いきや
じらしてしまってスミマセン^^;

今日は、"なぜ北海道へ移住なのか" について、いよいよ打ち明けます。

実は私が初めて北海道に降り立ったのは、約一年半前。 
2003年夏のことでした。
それも、旅行ではなく仕事の長期出張。
その当時とても忙しいプロジェクトに関わっていて、
正直 「わーい北海道だ~♪」 なんていう心の余裕は少しもありませんでした。

北海道に出発する前、その忙しいプロジェクトでどんな生活をしていたかというと、

 なんとか時間が空いた隙に買ってきたお昼のお弁当は、
 忙しくて手をつけられず夜まで放置されてたり、
 深夜2時頃になると脳みそと視力の限界を感じて近くのホテルへ寝に帰り、
 ある時は仕事をしながら夜が明けていき、
 お給料はマッサージと皮膚科代(ストレスによる肌荒れ)へ消えていき・・・

といった生活でした。
なので、北海道出張もまさに戦場に向かうかの如く心の準備をして、
同期からの激励の手紙と餞別を胸に抱え、
カチッとした黒いパンツスーツに身を包んで、
いざ初めての北海道へ出陣したわけです。

北海道へ来た後も、想定通りやはり同じように忙しい生活でした。

でもね、東京で同じ仕事をしているのと何かが違うんです。

ちょっと疲れて外に出て伸びをすると
上には青~い広~い空が広がって気持ちよかったり、
夜帰宅する時にふと空を見上げると、夜空に星がたーっくさん輝いていたり、
たまの休日には車をちょっと走らせれば山の自然に触れに行けたり、
ふらっと温泉に行けたり おいしい海の幸を格安で食べれたり・・・・

そういうことに対してとても心地よく感じる ってことに
初めて気がついたのです。

「自分はどんな時に幸せを感じるのか」
「"仕事"だけではなく、仕事も含めたきる動において、
 どんなことを感じ、どんな気持ちで、どんな風に生きていきたいのか」

忙しい中でも心地よい北海道出張生活の中で、
だんだんとそういうことを想うようになったのです。

その時は、出張が終わって東京に帰った後に
その想いがきっかけで人生に対する考え方が大きく変わることになろうとは、
まだ知る由もありませんでした。。。


ということで、東京に帰ってから考え方がさらにどんな風に変わっていったか
については、また次回書きます。
お楽しみに♪
d0012285_0363186.jpg



[PR]
by happylife-3 | 2005-04-27 22:36 | ★想うこと
北海道移住のワケ ~その1~
いつもこちらに遊びに来てくださってどうもありがとうございます。

久しぶりに最初の方のブログを読み返してみたのですが、
自分たちの紹介がほとんどされてませんね(笑)

北海道に彼女と二人で引っ越してきて、毎日ワクワクすること、
幸せに感じたことを、まわりの方に伝えたいな~と思い、
少しずつ書き始めたのが、このブログのきっかけです。

では、かず と まさえ って誰なんでしょう?
タイトルが「北海道に移住した二人が綴る・・・」なので、
二人とも道外出身者と思われる方が多いと思いますが、
実はわたくし・かずは、生まれも育ちも北海道、生粋の道産子なのでした。。。

高校卒業まで北海道で暮らし、それから関東のとある大学に進み、
東京の会社に就職しました。その会社に4年弱勤めて、
この2月に引っ越してきたので、8年ぶりの北海道定住という
ことになります。

「なーんだ、移住者じゃなくてただのUターンじゃん!」
とお怒りの方もいらっしゃるかもしれませんが、
だますつもりはありませんでしたので、お許し下さい(笑)

一方、彼女のほうは、完全な移住者です。
埼玉生まれの埼玉育ち。北海道には縁もゆかりもありません。
東京の会社に就職したところで、かずと遭遇、現在に至るというワケです。

なので、本当は「北海道にUターンした かず と、移住した まさえ が綴る・・・」
なのですが、めんど臭いので「北海道に移住した二人が綴る・・・」という
タイトルにさせていただきました~!

そんな かず と まさえ がなぜ北海道にやってきたかに
ついてはまた今度書きます~。

では今日はこの辺で・・・。
アンニョンヒ ガセヨ!!(さようなら)

d0012285_23112731.jpg
[PR]
by happylife-3 | 2005-04-26 23:13 | ★想うこと
命の誕生
d0012285_0192966.jpg
今日はとーーーっても嬉しいことがありました!
なんと、お友達に赤ちゃんがうまれたのです~♪

知らせを受けて、彼と大喜びしちゃいました
o(≧▽≦)o
無事、安産で生まれてきてくれてありがとう~!
よかったね~!と。

そのお友達は、私が赤ちゃんの頃からの友達で、幼馴染です。
彼女の方が一つ年上なので、小さい頃私はその子に
よく哺乳瓶でミルクを飲ませてもらっていたそうな(笑)

小さい頃は髪の毛の引っ張り合いや噛み付き合いをして、
しょっちゅうケンカもしていたそうです。
大きくなってからは彼女が引っ越してしまってあまり会えなくなったのですが、
小学生の頃から高校生の頃までずーっと手紙のやりとりをしていました。

そんな友達が今日、この世に新しい命を誕生させ、
 「母」 としての一歩を歩み出したのです。

う~ん・・・ なんとも感慨深いものがあります^^

今日は、友達が赤ちゃんを産みましたが、毎日毎時毎分、
こうしてHappyLife日記を書いているこの瞬間も、
新しい生命がこの世に誕生しているんだな~ と思うと、
なんだか生命のパワーを感じずにはいられません。

そして、その命を誕生させている世界中のお母さんたち。
ホント尊敬です。 
一つの命をこの世に誕生させ、一つの命に責任を持つって、
ものすごいことだと思います。
私もいつか母になる日が来るのでしょうか。。。
今はまだ全然想像ができません^^;

赤ちゃんが一人増えた家族って、笑顔の数も倍になるんだろうな~
家族のHappyパワーも何倍にもなるんだろうな~♪

世界中のお母さんたちへ。
命の誕生、おめでとう! 新しい命にたくさんの幸せがありますように!




[PR]
by happylife-3 | 2005-04-23 22:54 | ★想うこと
桜の花の咲く頃に
d0012285_136481.jpg「桜の咲く頃に」
今日、フジテレビ(北海道はUHB)でやっていた番組です。北海道の東部に別海町という酪農・漁業を主要産業とした町があり、そこの高校生の1年間を追ったドキュメント番組。

2時間、二人で食い入るように観てました。

感動

今の自分たちの状況も含め、「仕事」「生活」・・・いろいろ考えさせられました。

最初は、北海道ということで何気なく見始めたのですが、
登場する高校生や、その家族、学校の先生たち、それぞれが
それぞれの夢や生きることに対する想いを持って
前向きに、真剣に生きていてる姿に心打たれました。

同じ"北海道"と言っても、僕たちの住む札幌と別海町では環境も大きく違います。
別海町の主要産業は酪農や漁業。
自然を相手にした厳しい環境の中で、人々が生活をしています。

今日、僕たちが夕食で食べた魚も、漁師さんが厳しい自然と戦って獲ってくれた
んだな~と思うと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

また、そこで暮らす高校生たちが、経済的な問題を抱えていたり、
家業をつがなければならない使命を背負っていたりしながらも、
それぞれの環境の中で、それぞれの夢をしっかり持って
真剣に生きているのを見て、人を前へ進ませる"夢"というものは
大きなものだなぁ。。。 とつくづく感じました。

番組が終わった後も、二人で現状のこと、これからどうやって生きていきたいか、
僕たちがワクワクする生活はどんな生活か などなど、色々話しました。
とってもいい番組を見させていただきました。
別海町の方々、ブラウン管を通じてですが、お逢いできたことに感謝します!



[PR]
by happylife-3 | 2005-04-22 23:50 | ★想うこと
夜空を見上げる
d0012285_2220319.jpg
今日仕事が終わって駅から家までの道をてくてく歩いていると、
自分が前方の夜空を眺めながら歩いていることにふと気がつきました。
そういえば今まで無意識だったけれど、北海道に引っ越してきて以来地下鉄の駅から地上に上がった瞬間に、月と星を探すのが癖になっていました。

東京にいる時、夜 ゆっくり空を見上げたことなんてあったかなぁ。。。
会社から駅までの道のりは、街灯やネオンがピカピカ光っているビルの隙間から
かろうじて空が見える程度だったし、
駅から家までの道のりは、疲れていてとにかく早く家に着きたい一心で
早足で転ばないように下を見ながら歩いていたし・・・
  
それに、夜道は怖いし、ハイヒールでたくさん歩きたくないし・・・なんて理由で、
以前は駅から徒歩1分の所に住んだりしてたし・・・

だから、夜にゆっくり空を見上げながら歩いたことなんて一度もない!

今まで、「夜道は怖い。イヤダ。」 っていうことしか頭になかったけれど、
北海道に来てからは、夜に家まで歩く道がなんだか好きになっていました。

星を見つけたり、「お、今日は三日月だ」 なんて月のカタチをチェックしたり、
夜空を見上げながらこれからの生活について考えてワクワクしたり、
「こんなこともしよう」「あんなこともやりたい」って、アイディアややりたいことが
ポンポン浮かんできたり。

あ、そうそう。北海道の夜道がなんだかホッと落ち着く理由、
もう一つありました。
街灯の光が、あったか~い橙色なのです。 ("オレンジ"と言わずにあえて"橙")
これって札幌だけ?それとも他の地域でもそうなのかしら?
少なくとも関東の街灯は、蛍光灯のような黄色い光ですよね。

ここの夜道は、毎晩とてもあたたかい優しい光で包まれています。
そんな優しい街灯と、月と星の光に包まれた札幌の夜の道は
至福の散歩道です。






P.S. 写真は、moonbow。 (×rainbow)
先日アメリカに行った時、たまたま空を見上げたら、月の周りが虹色に光っていたのです!
北海道でもmoonbow見れないかなぁ~
[PR]
by happylife-3 | 2005-04-14 22:57 | ★想うこと