カテゴリ:★Happyなお出かけ( 80 )
緑を楽しむ旅
さて、トマムを出発して十勝方面へ向かった私たち。

まず向かったのは、『十勝千年の森』。

ここもとにかく広い(!)敷地内に、カフェがあったり、ガーデンがあったり、
チーズ工房があったり・・・ 

私たちは林の中をテクテクとお散歩しながら散策。

カフェの目の前に広がる景色が、ただただ雄大で 「すごいな~」 と
感動したり。
d0012285_22533280.jpg


千年の森を楽しんだ後は、ランチを食べに 『サワラビ テラス』 へ。

50ヘクタールの丘の上にポツンと立つ、とってもオシャレなカフェ。
窓から見えるのはこんな景色!
d0012285_22585486.jpg

素晴らしい景色を眺めながら、キッシュのランチをいただきました。
d0012285_22595050.jpg
ここもまた、時間がゆ~ったりと流れている場所ですね。

さて今回の十勝方面への旅は、毎年恒例になっている このご家族 に
会いに行くことも目的のひとつでした。

年に1回しかお会いしないので、会うたびにお子さんたちが
成長していて、ビックリします^^ 

去年はおなかの中にいた赤ちゃんにも会えたし、
なにより考え方がとても似ているこのご家族とお話するのは、
とても心地が良くて、楽しいのです。

夜はご自宅のバルコニーでBBQをご馳走になったり、
豪華な朝ごはんも用意していただき、至れり尽くせりでした。
(楽しい時間をありがとうございました!)


翌朝出発して、この日の第一目的は ナイタイ高原のツリーハウスを見に行くこと。

このツリーハウスは、ネスカフェのCMで撮影するために
ツリーハウスクリエーターの小林崇さんが作られたもの。

ナイタイ高原の雰囲気に合っていて、とっても素敵でした~
d0012285_2395813.jpg

ナイタイ高原は、道内の観光地の中でも一、二を争うくらい大好きな場所です。
あの広大な景色、牛たちが自由きままに過ごしている様子、
なんだかとっても好きなのです。

この日のランチは、ミルクジャムで有名な 十勝しんむら牧場 のカフェへ。

サクサクのワッフルに、しんむら牧場のミルクジャムをたっぷりと。
d0012285_23141595.jpg

窓の外の緑がまた気持ちが良くて、幸せ~^^ 


そんなこんなで、緑をた~っぷりと楽しんで、帰り道も
鹿追町の道の駅の直売所で、野菜や果物をいろいろと仕入れたり、
大草原の小さな家』 で すっごく濃厚な牛乳の味のするソフトクリームを食べたり、
夕張に寄って、あま~い夕張メロンを仕入れたり・・・ 

そして、甘いメロンの香り漂う車の中で、二人の夢について話をしながら
帰路につきました。

今年の記念日旅行も、とても清々しい幸せな時間を過ごすことができました。
来年は、どんな場所で、どんな夢を語り合っているんだろうなぁ。

楽しみです^^ 




[PR]
by happylife-3 | 2008-07-23 23:19 | ★Happyなお出かけ
今年の結婚記念旅行は・・・
結婚記念日旅行として、去年はキャンプに行きましたが(去年の日記はこちら
今年はトマムの雲海テラスに行きたくて、トマム&十勝方面へ出発!

一日目はトマムへ・・・ 

とその前に、千歳に立ち寄って、以前から行ってみたかったアイス屋さん 『花茶』 へ。

自社農園で作っている果物や野菜を使って作られたアイスは、
シンプル&マイルドでおいしかったです。
d0012285_22215342.jpg

広い芝生が広がる庭を眺めながら、テラスのベンチでアイスを食べる
その時間がのんびりと流れて心地良かったです。

さて、千歳からさらに車を走らせて・・・

途中、大好きな真っ白のモクモク雲を発見して、車を停めて眺めてみたり
d0012285_2225550.jpg


そしてトマムに到着。

今回泊まった場所は、アルファリゾート・トマム

山に囲まれたすーっごく広いリゾートエリア。
巡回バスが走っているほど、広い敷地。

部屋からは、こんな景色が!
d0012285_22281143.jpg

空気がとっても清々しくて気持ちが良くて、私たちは巡回バスに乗らずに
思いっきり深呼吸しながら、トマムの森の中をテクテクとお散歩。

翌朝は、期待していた雲海テラスに行きたかったのですが、
山の上は霧・・・ ということで已む無く断念。

広い芝生の上にテーブルがあって、周りに広がる山や広い空を見渡すことのできる
とっても気持ちの良い 「アウトドアカフェ」 で朝食。
d0012285_22322523.jpg

クロワッサンやサラダなどの他に、大きなじゃがいもやとうもろこし、
そして富良野メロンなどなどをいただきながら、朝の空気を思いっきり吸って
至福の朝食タイム。

その後、トマムの森を散歩したり、本を読んだり・・・ 

緑の中で、景色や空気や、そこに流れる時間を思いっきり満喫させてもらいました。

そしてトマムを出発し、十勝方面へ・・・ 

この続きは次へ~




[PR]
by happylife-3 | 2008-07-23 22:37 | ★Happyなお出かけ
感性みがきタイム
d0012285_22381358.jpg
藻岩山にある 『カフェ・ド・ロマン』 に行きました。

先日はケーキを買いに立ち寄っただけだったのですが、
カフェスペースがとっても素敵で、いつかカフェの方にも行ってみたいなぁ
と思っていて、今日行ってきました。

サンルームのように三方がガラス張りのスペースで、
庭の緑をゆっくり眺められるように二人がけのソファーが
窓に向かって置いてある席へ。

おいしいケーキプレートを食べながら、珈琲や紅茶を飲みながら、
お互いの今日の出来事をシェアしたり、
今日買った本をパラパラ~っと読んで、それについて話をしたり、
将来の夢のイメージをどんどん膨らませたり。

体で感じる空気、視界に入る景色、テーブルの木の色合い、ソファーの感触・・・ 

いつもと違った空間に身を置くと、脳のいつも使っていない部分が刺激されるようで
いろんなアイディアが出てきたり、心がふわ~っと開放されていく気がします。

「感性を磨く時間」、常に大切にしていきたいなぁと思います☆





 
[PR]
by happylife-3 | 2008-07-03 22:52 | ★Happyなお出かけ
極上の夕日
d0012285_23274427.jpg


d0012285_2328315.jpg
北見での用事を終え、時計の針は夕方5時近くになっていました。

そのままホテルに帰ろうかと思いましたが、
なんとなくサロマ湖の夕日が見てみてたくなり、
車をオホーツク海へ。

西の空は雲に覆われていて、夕日を見るのは難しそうでしたが、
見れることをイメージしながら目的地のキムアネップ岬に辿り着くと・・・。

ほんの数分の間、雲の間から太陽が顔を出してくれて、
湖面にキラキラと反射しながら沈んでいくのを見ることができました。

まるで海のように広いサロマ湖ですが、
湖なので波はなく、風に湖面がゆらゆらとなびくだけ。

聞こえるのは、風の音と、鳥の声だけで、
他に誰もいなくて、極上の夕日を堪能させてもらいました。



[PR]
by happylife-3 | 2008-05-31 23:38 | ★Happyなお出かけ
静かなワクワクを感じる時間
d0012285_658517.jpg
由仁町ドライブで一番くつろいだのは、ここ。
Bennu Gallery&Cafe』。

コーヒープレッサーで淹れてくれる珈琲はとてもまろやかな味わいで、
お店のオーナーでもあるイギリス人女性陶芸家のケイトさんが作った
とても素敵なマグカップでいただくことができます。

左のカップは 「男性はこちらで豪快に(?)どうぞ^^」 と
Kazに出してくださったのですが、こんな面白い持ち手のマグカップは
見たことがありません^^ 

いつもと同じ 「コーヒーを飲む」 でも、カップの持ち方ひとつで
不思議とその時間がいつもより特別に感じて、体の使っていない感覚が
研ぎ澄まされるかのよう。

低いソファーにゆったりと体を沈めて、窓の外から見える田園風景に癒され、
ひとつひとつ手作りで作られたマグカップで温かいコーヒーを飲みながら、
カフェの中に無造作に、だけどさりげなくオシャレに置いてあるインテリアの本を眺め、

時々背中や座面のクッションの柔らかさを体で感じ、
時々顔を上げてカフェの中に使われている様々な色を目で楽しみ、
オーナーのケイトさんがお客さんと話すイギリス訛りの英語を耳で感じ、

そうするうちに、将来家を建てたら、こんなインテリアにしたいなぁ とか
こんなデザインにしたいなぁ とか、何年後にはこんなことしようという夢とか、

いろんなアイディアが溢れてきて、Kazとお互いに溢れ出てきたアイディアを話して
そこからさらにアイディアが生まれてきて。

心も体もリラックスして、でも頭には心地良い刺激を受けて、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

お店を出た後は、なんだか体中の細胞が入れ替わったような新鮮さと
静かなワクワク感でいっぱいに。

こういう時間はいつも大切にしたいなぁと思います。





 
[PR]
by HappyLife-3 | 2008-05-28 07:22 | ★Happyなお出かけ
家族のたくさんの笑顔
d0012285_2346535.jpg
d0012285_2347823.jpg
私たち周りの友人の間に結婚ラッシュがやってきたのが、2~3年前。
すると、今は出産・育児ラッシュがやって来ています。

この週末は、しばらく会っていない東京方面の友達家族に
再会するために東京へ。

せっかくの機会だからと、たくさんの友人たち・初対面のベビーたちに
会いたくて、4日間で9家族、11Kids、4妊婦さんと会ってきました~。

子育てに入っている友人たちは、けっこう大変な面もあるけれど、
やっぱり我が子が見せるちょっとした表情は、たまらなく可愛くて、
そんなことも一瞬で吹き飛ばしてくれる感じがしました。

それから、子どものしぐさや表情が可愛いのはもちろんなのですが、
それを見つめる親の表情が、とっても幸せそうで、素敵な笑顔を
たくさん見せてもらいました。
子どもへの愛のパワーって、どんなものにも変えがたい力がありますね。

d0012285_23473284.jpg
たくさんの家族の笑顔に触れられて、
こちらまでとっても幸せをいただきました。
時間を作ってくれたみんな、本当にありがとう!


か&ま
[PR]
by happylife-3 | 2008-05-14 00:01 | ★Happyなお出かけ
Sapporo Collection 2008
d0012285_0232444.jpg
Sapporo Collection 2008 に行ってきました。

モデルさんたちが、とっても美しくて、そして何よりすごく楽しそうで、
見ているこちらまでとても楽しくなりました。

自分の体ひとつで何かを表現して、それを大勢の見ている人たちに伝えるって
すごく難しいことだと思うのですが、モデルさんたちは空間を思いっきり使って
自分を表現していて、素敵なオーラが出ていました。

やっぱり、心から楽しんで何かをやると、それって周りにいる人たちにも
伝わるんだなぁ なんて改めて感じました。

そして、モデルさんたち以外ですごいなぁと思ったことがもうひとつ。

それは、イベントを運営しているスタッフの方々。

きっと、この日まで準備を重ねてきて、細かい所までも
念入りに打ち合わせをして、ワクワクしたり、ドキドキしたり、
それぞれの分野で才能のある人たちとチームを組んで
素晴らしいものを作りあげようと、当日まで(当日も)一生懸命動いてくださったんだろうなぁ
と思うと(あくまで勝手な想像ですが^^;)、こうして素晴らしいイベントを
成功させるなんて、すごいなぁと感銘を受けました。

今回に限らずイベント全般に言えることですが、
裏で準備をしてくださる方々がいるから、こうして観客や参加者が
思いっきり楽しむことができる・・・ 
そんなことをいつも考えてスタッフの方の気持ちを想像してしまって、
思わず感動してしまいます。

このイベントを作り上げたスタッフのみなさま、とっても楽しい時間を過ごすことができました。
どうもありがとうございました!





 
[PR]
by happylife-3 | 2008-04-27 00:59 | ★Happyなお出かけ
春を先取り
d0012285_6552793.jpg
北海道は、例年よりもかなり暖かい日が続き、
札幌市内の歩道や車道にはもうほとんど雪がありません。

今週は最高気温が連日10℃を越えて、すっかり春の陽気です。
これは1か月くらい先の気温ですから、暖かいのは嬉しいですが、
ちょっと心配でもありますね。

いくら「暖かい」といっても、まだ外でお弁当を食べたりするには
さすがにちょっと肌寒いのですが、もうピクニックができちゃう場所がありました。

d0012285_7104118.jpg
岩見沢にある「色彩館」という室内公園なのですが、
ここは温室になっていて一年中春の陽気が楽しめるようです。

僕たちも初めて行きましたが、館内はとっても開放的で
太陽の光がいっぱい降り注ぎ、芝生も青々としていて
とっても気持ちがいいです!
バラを中心に色とりどりの花が咲いていて、とても3月の北海道とは思えません。

午前中に行った時には、まだ他のお客さんは誰もいませんでしたが、
お昼が近づくにつれて家族連れのお客さんが何組かやってきて、
みんなお弁当を広げていました^^

長く雪に閉ざされていたので、久しぶりに味わう緑の感触はとても新鮮でした!
一足お先に、ピクニックを楽しみたい方にはオススメです。



[PR]
by happylife-3 | 2008-03-27 07:14 | ★Happyなお出かけ
六花亭のサクサクタルトと塩別つるつる温泉
d0012285_20555518.jpg
先日、Kazが帯広での用事から帰宅した時のこと。
「ただいま~!」 と帰ってきたKazのその手には、何やら六花亭の紙袋が!

「サクサクパイ買ってきてくれたの~?!」 と大喜びで袋を受け取ると、
サクサクパイ2本にしては少し大きな箱。。。
 
あれ・・・? と思って箱を開けてみると、サクサクパイの他に、
サクサクタルトまでお土産に買ってきてくれました~!
ありがとう!

サクサクパイもサクサクタルトも、1つ125円とお手ごろなのに
とってもおいしいので大好きです。
帯広市内にある2店舗(本店と西三条店)でしか買うことができない、
という限定性にも惹かれてしまいます。

六花亭のケーキやお菓子は、全般的にとてもお値段が手ごろなのに
おいしいのでオススメです。 
六花亭の店舗に行けば、空港などの土産店では売られていないお菓子も
置いてありますので、旅行で北海道にいらっしゃる方は、ぜひ店舗に
足を運んでみてください~

店舗に併設している喫茶室では、コーヒーを無料でいただくこともできます。

 >六花亭のホームページ



それから・・・ 北海道の情報をもうひとつ。
先日置戸に行った際、留辺蕊(るべしべ)にある 『塩別つるつる温泉』 という
ところに泊まりました。 

こちら、泊まったことがある方に 

 「宿泊料金が安いわりには料理もそこそこおいしくて、
 温泉もすごくいいよ~!」 

と教えてもらっていたので、どんなところなんだろう・・・と
期待して行ったのですが、本当に期待通りでした!

建物は新しくはありませんが、とても清潔感があり、スタッフの方々の対応も
とても丁寧で気持ちがよかったです。
雪景色を見ながらの温泉も、と~っても気持ちが良くて最高。
そして、期待以上に嬉しかったことのひとつは、朝食。
ちょっぴり懐かしい感じのする食堂でのバイキング形式の朝食なのですが、
おかずの種類がたくさん! おまけに黒酢をはじめ、8種類の健康ドリンクも!

普通のホテルの朝食バイキングなんかよりもたくさんあって、しかもおいしくて、
意外でビックリ、嬉しかったです。

そして驚くのがその料金。 
なんと、一泊二食付で一人6,450円でした。 

お値段がお手ごろなのに、ここまで満足させてくれるサービスに出会うと、
何倍も嬉しい気持ちになりますね。

留辺蕊方面に行く機会があればぜひ~







  
[PR]
by happylife-3 | 2008-01-18 21:32 | ★Happyなお出かけ
ニセコのおすすめ宿
d0012285_20524710.jpg
年末はニセコに二人で合宿をしに行ったわけですが、
実は行く前、泊まる場所で悩んでいました。 

今回は二人でじっくりと話をしたり、ノートに色々書き留めたり、
これからのプランを作ったりしたかったので、できれば部屋の中に
広めの机があって、寝室とは別にもうひとつの空間がある部屋がいいなぁ と思っていました。

ニセコにはお気に入りの小さな小さなホテルがあるのですが、
やはり部屋の空間の大半はベッドが占めていて、今回の旅には残念だけど向かなそう・・・
他のホテルやペンションもだいたい同じ。

素敵なコンドミニアムも色々あったのですが、長期滞在向けだったり、とても高級だったり(!)。

そんな中、リビングとミニキッチンがついたコンドミニアムタイプの部屋がある
とても素敵なペンションを発見し、今回はそちらに泊まってきました。 

ペンションの名前は、『ファミールイン ラミーナ』。

ご夫婦で経営されていて、木と光のぬくもりをたっぷりと肌で感じられる場所です。
d0012285_21111495.jpg

こちらで何が一番感動したかというと、やはり料理!

まず、品数にびっくり。
d0012285_21133414.jpg
次から次へと、二人の前にお皿が並べられていきます。
しかも、そのどれもが 「ニセコ産のじゃがいもを使った~」「岩内産の縞ゾイの~」
「清里産の長芋の~」 と、ほとんどが北海道の食材を使って作られたもの。

そして、品数は多いのに、決して食べきれない量ではなく、ちょうどおなかが
一杯になるバランスで出してくれるのです。

朝食も同じく品数いっぱい。でも残さず食べられる、バランスの取れた量。
自家製の漬物、自家製の豆腐、手作りのパン、手作りのジャム・・・ 
ジャムにいたっては、秋に3日間宿をクローズして、余市のぶどうを使って
1年分のジャムを手作りするんだそうです。

こんなにたくさんの手作りの品々、きっとスタッフが何人かいるんだろう・・・
と思って聞いてみると、なんと、オーナーの奥様がたった一人で全て作っているとのこと!

もし自分が同じように全てを手作りしたら、きっと何時間あっても終わりません・・・
ラミーナのお母さん、すごいです。 

そしてここの空間が居心地がよかったのは、もうひとつ理由があります。
それは、オーナーご夫妻がいつでもとっても楽しそうに仲良く働いていたこと。

これだけの料理の下ごしらえや準備に時間をかけて、宿の掃除やお手入れもして、
お客さんのことも気にかけて、それでもお二人には「忙しい」なんていうピリピリした空気はなくて、
代わりにあったものはとても柔らかくてあったかい空気。

宿はご主人の長年の夢でもあったそうで、ご夫婦で好きなことを
楽しみながら生きているのって、本当に素敵だなぁと思いました。

帰るときには、これまた手作りのクッキーのプレゼント。
そして、車が見えなくなるまで、二人並んでずーっとずーっと手を振ってくださいました。

ラミーナのお母さんのあったかい家庭料理と、オーナーご夫妻の優しい空気と、
そして木と光のぬくもりを感じたい方は、ぜひ一度泊まりにいってみてください。


ファミールイン ラミーナ
住所: 北海道倶知安町字樺山65番地 サンモリッツニセコヴィラI内
TEL/FAX: 0136-21-3660






 
[PR]
by happylife-3 | 2008-01-04 21:34 | ★Happyなお出かけ