カテゴリ:★Happyなお出かけ( 80 )
紅葉巡り ~最終章~
d0012285_23292176.jpg
北海道の紅葉もだんだんと葉が落ちてきて、
いよいよ秋も終わりを告げようとしています。
紅葉巡りの最後に選んだのは、カラマツが黄金色に輝く富良野です。

d0012285_23293892.jpg
11月の富良野は、観光シーズンを終えて、とっても静かでした。
これからやってくる長い冬をひっそりと待ち構えているように。
町のあちこちにカラマツ林があって、この時期、他の木は既に紅葉を終え、
カラマツだけが一際目立って輝いています。
実は、11月に富良野に訪れるのは初めてだったので、
こんなにきれいな景色が広がってるとは知りませんでした。
そして、カラマツの黄葉がこんなにも素晴らしいことも初めて知りました。

d0012285_23311519.jpg
遠くからカラマツ林を眺めて、「あー、あの林きれい!」というのを
見つけると、近づいて観たくなって車でどんどん走り進めます。
そんなカーナビにも印されていないような小道を、
降り注ぐカラマツの針葉を浴びながら走るのは、とっても気持ち良かったです。

このカラマツの葉が落ちると、北海道はいよいよ雪景色。



[PR]
by happylife-3 | 2006-11-07 23:47 | ★Happyなお出かけ
20℃の気温差
d0012285_0225864.jpg
常夏の楽園モルディブから帰ってくると、
北海道はもう秋でした。

今はちょうど紅葉も赤・橙・黄・緑といろんな色が混じりあって、
とってもきれいに観えます。

夏の後に秋が来る。
この当たり前のことが、実はとっても貴重で、美しいんだってことが、
北海道に帰ってきてあらためてわかりました。

d0012285_026666.jpg
写真は、羊蹄山の麓にある小さな湖、半月湖。
陽が傾き始めた時間帯で、傾いた陽の光が羊蹄山や手前の木々に
燃えるように照らされていて、とってもきれいでした。

d0012285_0283614.jpg
だんだん早まってきた夕暮れの時間。
ちょっぴり肌寒いのだけど、なんともいとおしい時間帯でもあります。



[PR]
by happylife-3 | 2006-10-18 00:35 | ★Happyなお出かけ
モルディブの休日 <アクティブ編>
d0012285_2345469.jpg
よーし、今日もいい天気だ。
水上コテージのテラスから続くはしごを降りて、
そのまま海にダイブ!
シュノーケリングだけでも十分、色とりどりの魚たちに出会えます。


d0012285_23475131.jpg
ヨットに似たカタマランに乗って、風を切ったり。

d0012285_23504247.jpg
ボートに乗ってクルーズに出掛けて、海の生き物を探しに行くと・・・

d0012285_23515744.jpg
イルカの群れに遭遇したり!

d0012285_23524475.jpg
でーっかい、マンタと並んで泳いだり。

d0012285_23541296.jpg
現地の人が暮らす島を訪ねて、かわいい子供たちに出会ったり。

そんな風に、活動的に過ごすのもまた、とっても楽しいのでした。

d0012285_23552316.jpg
でもやっぱり、こうしてMasaeと二人並んで
過ごす時間が、一番楽しいんだなぁ。



[PR]
by happylife-3 | 2006-10-15 23:58 | ★Happyなお出かけ
モルディブの休日 <のんびり編>
d0012285_2358310.jpg
朝、波の音で目を覚ますと、水平線から昇ってきた太陽が目に飛び込んでくる。
気持ちいい一日のはじまり!

d0012285_23581954.jpg
桟橋を二人でのんびり歩いて、朝食へ。
すれ違うスタッフに

 「ランガル ヘドゥネ!(おはよう!)  キヒネ?(元気?)」

 「バラーバル!(元気だよ~!)」 

と笑顔で朝のごあいさつ。

d0012285_23582969.jpg
透き通った青い海を前に、海の風を感じながら朝食。
時計を気にすることなく、食後のコーヒーをゆっくり飲みながら、
「今日はどんな一日にしようかねぇ~」 とワクワクしながら一日の計画を立てる。

d0012285_23584783.jpg
午前中は、部屋のテラスで波の音をBGMに、二人並んで読書。

d0012285_23591367.jpg
ランチを食べた後は、プールサイドで食後のビール。
パラソルの下での~んびり。

d0012285_23592797.jpg
午後は本を読んだり、暑くなったらプールで泳ぎ、疲れたらパラソルの下でお昼寝。。。


d0012285_23595061.jpgd0012285_00144.jpg
手をつないで、真っ白な砂浜をお散歩したり、やしの木やカラフルな花に囲まれた道を
てくてく歩いたり。

d0012285_001187.jpg
真っ白な砂浜に腰を下ろし、おもしろい形の珊瑚や、キレイな貝殻や、
やどかり君たちを探したり。

d0012285_013577.jpg
空が赤くなってきたら、夕日がきれいに見える場所を探して並んで座り、
他愛もないことを話しながら、水平線の下へと隠れていく太陽を見送る。

d0012285_014950.jpg
夜は輝く月と満天の星!
部屋のテラスのイスに横たわり、ただただ星空を見上げる。 
水平線のすぐ真上から空のてっぺんまで、無数に輝く星が本当にキレイで。
そして波の音が心地良くて、そのまま夢の中へ zzz。。。 

のんびり過ごすと決めた日は、心ゆくまでゆ~ったり。
目や、耳や、肌や、頭や、心が、本当に喜んでいるのを感じたのでした。 



[PR]
by happylife-3 | 2006-10-13 00:41 | ★Happyなお出かけ
帰ってきました~♪
d0012285_2358498.jpg
しばらくお休みさせていただいておりましたが、
無事にハネムーンを終えて帰ってきました!

休み中も、たくさんの方々にこちらの日記に訪れていただいていたようで、
とっても嬉しく思います。

ハネムーンの行き先は、上の写真を見ておわかりでしょうか?
モルディブに行って来ました~!

一言で言うと、そこはまさに「楽園」で、
とっても、とっても楽しい思い出ができました。

いろいろと書きたいことはあるのですが、
詳しくは、次回以降にゆっくりと書いていきたいと思います。

というわけで、Happy Life日記も今日から再開です!
みなさん、これからまた、よろしくお願いします~!!


か&ま
[PR]
by happylife-3 | 2006-10-12 00:05 | ★Happyなお出かけ
ちょっと旅に出ます~♪
d0012285_0424061.jpg
明日から、少しの間、旅に出ます。

いつも海外に行くと、あっちもこっちも行きたくて、
予定をびっしりと詰め込んで動き回るのが好きなのですが、
今回は、ゆ~っくり、の~~んびり、の旅にします。

Happy Life日記の更新は少しお休みとなります。
また旅から帰ってきたら、お会いしましょう!

Have a Happy Life!!


か&ま
[PR]
by happylife-3 | 2006-09-29 00:47 | ★Happyなお出かけ
フラワーロード
d0012285_023424.jpg
真狩村に入ると、黄色に咲き誇るユリがお出迎え。
整列したユリがどこまでもつづく~。

これも村の住民の方が手塩にかけて育てたと思うと、
本当に美しいと思えてきます。

関東にいた頃は、商業施設とかビルとか、
そういう人工的な場所によく遊びに行ったけれど、
北海道では、こうした花や畑など、自然が創り出す
場所によく遊びに行きます。

こっちのほうが、僕たちには合っているみたいです。



[PR]
by happylife-3 | 2006-08-29 00:23 | ★Happyなお出かけ
満天の星空が見たくて。。。
d0012285_23293676.jpg
お盆が過ぎて少しずつ秋に近づいてきた北海道ですが、
昨日今日は夏の日差しが降り注ぎ、快晴となりました。

なんとなく、二人で
「外でカレーが食べたいねぇ」
「キレイな星空も見たいね~」
なんて話になって、昨日は急遽キャンプ場に行くことに。 

訪れた場所は、羊蹄山真狩野営キャンプ場。
羊蹄山の麓にあるキャンプ場で、雄大な羊蹄山を見ながらキャンプをすることができます。

BBQコンロは持っていったものの、その他何も準備していなかった私たちは
真狩へ向かう道の途中途中で、鍋を買い、食材を買い、
羊蹄の湧水をタンクに汲み、いざキャンプ場へ。 

太陽が出ている間は、芝生がどこまでも広がっている広いアスレチック公園で
久しぶりにアスレチックに挑戦して遊んだり、
外に置いたイスに座って新聞を読んだり、読書をしたり。

そのうちだんだん太陽が沈んできて、おなかもいい具合に減ってきて、
いよいよカレーの準備。

炭をおこし、野菜を切り、肉と野菜を炒めた後、羊蹄の湧水で汲んできた水を入れ、
ぐつぐつ煮込みます。 
煮込んでいる間は、のんびりと空を眺めたり、二人でいろんな話をしたり。 
そうこうしているうちに野菜が柔らかくなって、ルーを入れてさらにコトコト コトコト。。。
ん~ いい匂いが広がります。 

カレーが出来上がった頃には、辺りはもう真っ暗。 
ランタンの灯りの下、二人で一緒に作ったカレーライスをいただきました。 
外で食べるごはんはおいしくて大好きですが、特に外で食べるカレーライスは格別です!
おいしいね~という言葉を交わしつつ、他愛もない話から
二人のこれからの暮らしについてワクワクすることなどなど、
色々な事を話しながら、おなかいっぱいになるまで食べました。

食べ終わって、片付けをしている最中、
「うわーーーー!!! すっげー星!」 
というKazの声で反射的に空を見上げてみると、今まで見たことがないくらいのたくさんの星!
しばらく 「うわ~・・・・・」 という声しか出ずに、夜空をただただ眺めていました。

「もっと灯りがない場所に行けば、もっともっとキレイな星空が見えるはず」
と、車に乗り込んでキャンプ場から少し離れた場所へ。 
車のライトを消し、外に出て夜空を見上げると・・・・ 
無数の星が夜空にちりばめられていて、キラキラ キラキラ ・・・ 
こんな星空を今まで見たことがなかった私は、まるでプラネタリウムにいるような、
映画の世界に迷い込んでしまったような、なんだかとても不思議な感覚を覚えました。

二人ともしばらく 「うわ~・・・・」 という言葉しか出ず、輝くばかりの星空を
ずっと眺めていたのでした。 

その日はキャンプ場には泊まらずに、そのまま自宅へと帰りました。 
車で二時間。 札幌に入った瞬間、夜空を見上げると星空はいつものまばらな星空で、
ほんの二時間前にはあの無数の星たちを眺めていたなんて
なんだか夢を見ていたような気分。

「また、外でカレー食べて、そしてキレイな星空を見に行こうね」 

二人の暮らしの楽しみが、またひとつ増えました。



[PR]
by happylife-3 | 2006-08-28 00:15 | ★Happyなお出かけ
道東キャンプ旅行 ~湖ランキングNo.1!~
d0012285_22183226.jpg
晴れた摩周湖。

『霧の摩周湖』 で有名なこのカルデラ湖ですが、私たちが行った時は
綺麗な青空でした!
昭和6年の観測によると(随分古いですね^^;)、透明度は世界一だそうです。

摩周湖を見下ろした瞬間、鏡が張ってあるのかと疑ってしまうほど、
静かでつややかな水面には、真っ白な入道雲が綺麗に映し出されていました。
その光景は、思わず 「うわー!」 と声を出さずにはいられないくらいで。
水面が穏やかで、つややかで、本当にキレイで、
『美しい』 という言葉がよく似合う湖。

私たちの湖ランキングで、堂々の1位になりました。

こういった美しい自然を見る度に、体や心に溜まっていた何かが
スッと抜けて、新鮮なエネルギーが体を巡っていくような心地良さを感じます。
自然て本当にすごいですね。 
そんな自然にすぐに触れに行ける所で暮らしているって、幸せだなぁとつくづく思うのでした。



[PR]
by happylife-3 | 2006-08-22 23:07 | ★Happyなお出かけ
道東キャンプ旅行 ~釧路湿原のお気に入りスポット編~
d0012285_1144898.jpg
釧路湿原。
今回の旅行で、唯一 「行ってみようね」 と決めていた場所。 
釧路湿原に辿り着く前までは、当然のことながら "釧路湿原" の景色ばかり期待して
想像を膨らませながら楽しみにしていました。 

今回は、いくつかある展望台の中の、『細岡展望台』という所から湿原を見ることに。
駐車場に車をとめて、少し歩くと 『釧路湿原駅 400m』 という看板を発見。
「釧路湿原に駅なんてあったんだ~?! ちょっと行ってみる?」 
なんて軽い気持ちで矢印の指す方向へと歩き始めました。
d0012285_191778.jpg


『釧路湿原駅 300m』 

「こんな場所に駅なんてあるの??」 と疑ってしまうくらい、
矢印の指す方向は木々に囲まれた細い土の道。 
上を見上げれば、青い空の中を真っ白な雲がゆっくりゆっくり流れていて、
小道を囲んでいる木々の葉っぱからは、太陽の光がサラサラ降っていて。
誰もいなくて、聞こえる音といえば葉っぱが風に揺れる音と鳥や虫の鳴き声。
d0012285_122331.jpg

まるでジブリの世界に迷い込んでしまったような、本当にトトロが出てきそうな、
そんな不思議な雰囲気で、なぜだかこの場所が一瞬にして好きになってしまいました。

少し歩くと、小道から少し広い場所に出て、小さな小さな駅が目の前にポツンとありました。
小さな駅を目の前にして、一瞬にして好きになってしまった、歩いてきた小道が
なんだか名残惜しくなり、振り返ってみる私たち。。。
d0012285_1272314.jpg

小さな釧路湿原駅には、もちろん券売機や改札なんてものはなくて、
二人ホームに立って、この線路の先はどんな風になっているのかなぁ なんて、
頑張っても見えないのを知っているのに、目を細めて遠くを眺めてみたり。
d0012285_1295857.jpg

目的地だった釧路湿原を見る前に、この小さな駅にたどり着く数百メートルの
小道と、小さな駅の線路が気に入ってしまった私たちなのでした。 
何十年か経って、もしかしたらその時の雲の形や景色が記憶から
薄れてしまうかもしれないけれど、この時感じた空気や風の感触は
絶対に忘れないだろうなぁ。



[PR]
by happylife-3 | 2006-08-18 23:00 | ★Happyなお出かけ