カテゴリ:★おいしいのHappy( 89 )
今日はかぼちゃパン!
d0012285_23493528.jpg
昨日かずが書いていたように、私はかぼちゃが大好き!なんです。
じゃがいもとか、栗とか、さつまいもとか、どうもホクホク系に弱いみたいです。

昨日のかぼちゃグラタン、かぼちゃケースの底に実が少し残っていたので、
それを削って柔らかくして、小麦粉・ベーキングパウダー・牛乳を適当に混ぜ、手でコネコネ。
オーブンで焼くこと約20分、超お手軽パンプキンパンが出来上がりました~♪
作るのにトータル30分もかかってない かな?

どんな味かちょっぴり不安でしたが、外はカリッ 中はしっとり 
まるでメロンパンのような食感に仕上がりました。
北海道産バターを塗って、シチューと一緒に。

私達が大好きなパン屋さん『スマイルキッチン』さんの、あの感動する程おいしいパンの味には
かなり程遠いですが、たまにはこうして大好きなかぼちゃを使って
自分の 『手』 を使って作ってみるのも、いいもんです。


あ、そうそう。 昨日のかぼちゃグラタン、作り方を書いておきますね。

 【材料】(2人分)
  ・かぼちゃ 1/2
  ・玉ねぎ 1/2
  ・ベーコン 2枚
  ・小麦粉 大2
  ・牛乳  2cup
  ・コンソメ
  ・塩コショウ

 【作り方】
  1) かぼちゃのわたを取り除き、レンジで柔らかくなるまで温める
     (3~5分くらい?)
  2) かぼちゃの実をスプーンですくって取り出し、かぼちゃのケースを作る
     (実は捨てないでくださいね)
  3) フライパンで玉ねぎ(スライスor1cm角くらいに切ったもの)とベーコン(好きな大きさに切ったもの)を炒める
  4) 玉ねぎとベーコンに火が通ったら、小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる
  5) 牛乳を加え、小麦粉がダマにならないように混ぜ、トロリとするまで弱火でかき混ぜる
  6) コンソメと塩コショウで味付けをする(お好みで!)
  7) トロリとホワイトソースのようになったら、2)で取り出したかぼちゃの実をフライパンに加え、混ぜる
  8) かぼちゃケースに7)を入れ、オーブン180℃で10分~15分くらい焼く
  9) 表面に焦げ目がついたらできあがり!
  10) すごく熱いので、注意してオーブンから取り出しましょう
  ※オーブンで焼く前に、上にとろけるチーズをのせてもいいですよね。
    具も、もっといろいろ入れても楽しいかもしれません♪




[PR]
by happylife-3 | 2005-10-29 00:17 | ★おいしいのHappy
かぼちゃ
d0012285_23283068.jpg
ハロウィーンが近いということで、
まさえが「かぼちゃグラタン」を作ってくれました。

かぼちゃが大好きなまさえと、
かぼちゃがあまり好きじゃない僕。

でも、この「かぼちゃグラタン」は甘み・とろみが
いい感じで、かぼちゃが苦手な僕も大満足。

ハロウィーンで使うような、オレンジ色のかぼちゃではないけれど、
ちょっぴりハロウィン気分でハロウィンナイト。



[PR]
by happylife-3 | 2005-10-27 23:30 | ★おいしいのHappy
海の恵みに感謝!
d0012285_7385883.jpg
かずのお母さんから、自家製のいくらをいただきました。
北海道ではどこの家庭でも、9月くらいからのこの時期に
筋子をほぐして醤油・酒に漬けて、いくらを作るんですね。
北海道に来るまでは、家でいくらを食べるにはスーパーでいくらを買ってくる
という発想しかなかったので、家で作るということを初めて聞いた時はとても驚きました!

これ、実は私の大好物。
さっそくホクホクの新米を炊いて、その上にた~っぷり載せて食べてみました。

おいしい~!!!

噛む度に、プチップチッ とはじけます。
そして何より、人の気持ちがこもっている食べ物ってやっぱりおいしいですね。
手間をかけてもらった分だけ、おいしさが増すような気がします。
来年は、私たちもいくら作りに挑戦してみようっと。
今から、本州にいる家族に送ることを考えると楽しみです♪



[PR]
by happylife-3 | 2005-10-13 09:16 | ★おいしいのHappy
「おいしいね」の幸せ
d0012285_1793449.jpg

先日、我が家に素敵な贈り物が届きました。

中を開けてみると・・・

中に餡子とチーズが入ったお饅頭♪
d0012285_1795080.jpg

私たち、二人とも甘いものが大好き。

「せーの」で一口味見・・・ そして次の瞬間・・・・

(おいしいね~!!!) 二人とも目を合わせてニッコリ。

おいしいものを食べた時に、"おいしいね" って目で会話できる
パートナーや友達がいるって、すごく幸せです。
おいしいものが、よりおいしく 
そしてその時間がより至福の時間になります。

どんなに心がせかせかしている時でも、おいしいものを食べて
「おいしいね」 って目の前にいる人とゆっくり目を合わせられる
そんな時間だけは大切にしたいなぁ。





P.S. あんちーず饅頭さん、至福の時間をどうもありがとうございました!!
[PR]
by happylife-3 | 2005-09-13 17:37 | ★おいしいのHappy
旬を味わう
d0012285_2257973.jpg

北海道はだいぶ秋の香りが立ち込めてきました。
空も、外の空気も、夏から秋へバトンタッチ。
味覚の秋でもありますね。

北海道に来てからというもの、夕食は基本的に家で
食べるようになりましたので、おのずとスーパーに買い物に
行く機会も増えました。

そうすると、スーパーに並んでいる野菜や果物や魚が、
季節の変化に合わせて変わっていくのがよくわかるんですね。
当たり前といえば、当たり前のことなのですが、
去年までは、夕食もほとんど外食でしたから、季節に関係なく
食べたいものを食べる、という生活でした。
何が旬なのか、考える余裕すらなかったのかもしれません。

「食べたいものを食べる」という人間の欲求も大切ですが、
自然の流れに合わせて食べるのが、きっとナチュラルなのでしょう。
自然もちゃんと、その時に一番おいしいものを与えてくれますから。

今日は、これから葡萄を食べようっと。



[PR]
by happylife-3 | 2005-09-10 23:06 | ★おいしいのHappy
大地の恵みに感謝
農業を営んでいる親戚から、採れたての野菜・果物を
いろいろといただきました。

やはり、「作った人の顔が見える」ものほど、
おいしいものはないなぁと感じました。

とうきびも、メロンも、スーパーに行けば簡単に手に入ります。
でも、その時僕は、生産者の思いや苦労の事までは、
頭から離れてしまっています。

今日、いただいた食料を、テーブルに並べて、
日ごろから、作ってくださった方々と、それを育んでくれた大地に
感謝しなければいけないなぁと思いました。

d0012285_22401723.jpg

d0012285_22405089.jpg

ほんとに、どれもおいしいんです。
おばさん、大地よ、ありがとう。


[PR]
by happylife-3 | 2005-08-21 22:52 | ★おいしいのHappy
つやつやご飯
先日行ってきた、「ふきだし公園」の水がただ今活躍中です。

ご飯を炊くときに使うと、今までにないツヤが出て、
しっとりもちもちのおいし~い炊き上がりになりました!
d0012285_234454.jpg


食後は、窓を開け、天然クーラーを浴びながら、
この水で作った、アイスコーヒーを飲みます。
d0012285_2342274.jpg


日中は、30℃近くまで気温があがる札幌ですが、
夜にはすっかり涼しくなるんだな~。



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-03 23:08 | ★おいしいのHappy
手作りジャム
d0012285_2038383.jpg



私たちの毎日は、こんな朝食からスタートします。
  ・オレンジジュース
  ・ヨーグルト&コーンフレーク(orグラノーラ)
  ・ジャムをたっぷり塗ったトースト
  ・コーヒー

そんなわけで、これらの材料は常にキッチンにストックを用意しているのですが、
今日たまたまジャムが切れてしまいました。
買いに行かないとな~ なんて思っていた矢先、昔おばあちゃんに
よく作ってもらったイチゴジャムのおいしい味が突如として蘇ってきて、
「あんな風においしい手作りジャムを作ってみたいな~」 と思い
挑戦してみることにしました。

今回はイチゴではなく、大好きなブルーベリーで。
こんな風に鍋に入れて、お砂糖と混ぜてグツグツ。
d0012285_20385179.jpg


あっという間にとろ~りジャムのできあがり!

お味のほどは・・・   

お、お、おいしい~!!!
たっぷりの実もそのままごろんと入っていて、
ブルーベリーのちょっとすっぱい味も残しつつ
自分好みの甘さも出ていて、もうほっぺたが落ちそうです。

そして何より、やっぱり手作りというのがいいですよね。
心を込めて、大好きなベリーを食べたいのを我慢してじっくり混ぜて作ったジャム。
明日の朝、焼きたてのトーストに塗って食べるのが
待ち遠しくてたまりません(笑)

なんだかこれだけで、毎日Happyな朝を迎えられそうです♪



[PR]
by happylife-3 | 2005-07-04 21:12 | ★おいしいのHappy
シフクのお弁当
今日は、かずのお母さん・お姉ちゃん・姪っ子と一緒に、お弁当を持ち寄って
梅で有名な平岡公園へお花見に行きました。

梅、とってもキレイでした~!

・・・ と言いたいところなのですが、まだ全然咲いていませんでした^^;
かろうじてこのくらい。
d0012285_22104752.jpg


その上、雨が降っていて寒かったので、うちでお弁当を食べることになりました。

お母さんはおかず担当、お姉ちゃんはおにぎり担当、そしてうちはサンドイッチ担当。
それぞれ持ち寄ったものを広げて、みんなで食べるお弁当は、
とってもおいしかったです~♪
d0012285_2256764.jpg


から揚げ、ミニトマト、ウィンナー、うずらの卵、シャケのおにぎり、ツナサンド
アスパラベーコン、筍、筋子のおにぎり、卵サンド
イチゴ、キウイ、グレープフルーツ・・・

お弁当って、広げるだけでなんだかウキウキしますよね♪

しかしお弁当って、不思議ですね。 
夕飯で食べるおかずとそう変わらなかったりするのに、
お弁当の方がよりおいしく感じるんですよね。
特に自分でお弁当を作るようになった今は、昔はわからなかった
お弁当作りの大変さがわかるようになったので、余計お弁当に愛を感じます。

かずは久しぶりにお母さんの定番のお弁当おかずを食べて、
とても幸せそうでした。
そんなかずを見て、私もにっこり笑顔になりました。
そして私も、うちの母の味に似た 「おふくろの味」 のから揚げを食べて、
なんだかとってもうれしくなりました。

みんなが帰った後、昔親にお弁当を作ってもらった時のことを
かずと二人で話していました。
昔は、結構 「作ってもらえるのが当たり前」 と感じていた部分があって、
そこまで 「感謝しています~」 という想いが正直なかったような気がします。
(お母さん、ごめんなさい^^;)
でも、自分でお弁当を作る今となっては、
"早起きして朝からおかずを作るお母さんて、すごいな~" 
って心から尊敬します。

これも子供への愛情故なのでしょうか。

近い将来、今度は自分が子供にお弁当を作ってあげるようになるのかな。。。
その時は、自分がしてもらったように、愛情たっぷりのお弁当を
作ってあげたいと思います。


お母さん、今まで作ってくれたお弁当全部、 

ありがとう。


ま  
[PR]
by happylife-3 | 2005-05-15 23:05 | ★おいしいのHappy