「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Happy Birthday
d0012285_23445864.jpg

d0012285_23451450.jpg

今日はまさえの誕生日。

毎日一緒にいるからつい忘れがちだけど、
こういう日を迎えると、改めて、彼女が生まれてきたって
いうことに感謝の気持ちが湧いてくる。


生まれてきた喜びに包まれるように、
今日という日を祝おう。

おめでとう。



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-31 23:52 | ★Happyな記念日
青空の下で耳を澄ます
d0012285_22102636.jpg

朝、カーテンを開けると青い空! 白い雲!

 「よし、今日は空を見に行こう!」

カメラを持っていざ出発。

車でぐるーっと走っていると、なんだか空を眺めるのによさそうな場所を発見!
周りには高い建物が何もなくて、人も全く通らなくて、車も通らない場所。

青空の下、車の後ろの部分に腰掛けて、足をぶら~んぶら~んさせながら
静かに目をつぶってみると、鳥の声、虫の声、風が草を揺らす音・・・ 
いろ~んな音が聞こえてきます。
耳だけでこうやっていろんな音を聞いている時間は、まさに至福の時。

パッと目を開けると、空に湖を見つけました。
d0012285_22215276.jpg

雲が陸で、雲の合間に見えている青空が、なんとなく湖に  みえません?

みなさんも、天気のいい日に「今日は何しようか~」と悩んだら、
空鑑賞をオススメします♪

d0012285_2227817.jpg




[PR]
by happylife-3 | 2005-08-28 22:33 | ★Happy北海道くらし-自然
秋の空
d0012285_0151811.jpg
最近、札幌の空がめっきり青くなってきました。
そして雲がとても低いところにあって、今にも手が届きそうな感じです。
空気も少しずつ秋のにおいがしてきました。

札幌で外の空気を吸うのに、お気に入りの場所はいくつか
ありますが、豊平川の河川敷もとても気持ちがいい場所です。

d0012285_0154873.jpg
豊平川は中心部に程近い場所を流れているため、
周辺はけっこうビルや交通量も多いのですが、
川原に一歩下りると、急にのんびりとした空気に変わります。

川原では、みんな思い思いの時間を過ごしていて、
とてもゆーっくりとした空気が流れています。

d0012285_0161273.jpg
僕らも川原でキャッチボール。
子どもの頃、時間を忘れて遊び回っていた頃のように。
散歩途中の見知らぬ犬も一緒になって。
ショッピングや映画もいいけれど、たまには川原でのんびり過ごす
午後もいいかもしれません。

d0012285_0162737.jpg
わん!


[PR]
by happylife-3 | 2005-08-27 23:59 | ★HappyLifeな暮らし方
チームワーク
昨日かずが書いた 「World Journey」 という本。
ほんと、旅は人生の縮図だなぁ~ ということを改めて思いました。

そして、奥さんと二人で旅をした著者:歩さんの言葉を読んで、
私たちが二人で旅をした時のことを思い出していました。

今年はじめ。
青春18切符での国内の旅に始まり、メキシコが最終地点の
約1ヶ月間の二人旅。
それまでは二人ともどちらかというと 『一人旅派』 で、
一人で勝手に飛行機乗って、行きたい所を自由にまわって・・・
という旅を好んでいました。

海外で誰かとずっと行動を共にする旅というのは、お互い初めて。
ちょっとドキドキ。 「二人で旅」ってどんなふうになるんだろう。
喧嘩したりしないかな・・・

でも実際旅をしてみると、そんな心配は全く無用でした。
本の中に 「俺たち(=著者:歩さんと奥さん)はいいチームだ」
っていう言葉があるのですが、「私たちもすごくいいチーム」 
ということを実感できた旅。

バックパックを背負って結構動いたので、その時の空気で相手が疲れてるかな
と察すると、片方が率先して宿の手続きをしたり、人をつかまえて道を尋ねたり。
無理して気を遣うのではなく、極自然にお互いがお互いを思いやり、
お互い心地良い状態でいられるように、自然とバランスを取っている。

新しい街に入る度に、ホテルやカフェで 
「さて、この街では何をテーマにどんなことをしよっか」
と、地図を広げながら作戦会議。
まるで二人の旅プロジェクト。

そして、同じ場所で、同じ景色を見て、とてつもなく大きな感動を共有する。
d0012285_23463472.jpg

d0012285_2347113.jpg
そしてどんな時でも、お互いがお互いを尊敬し、尊重し、信頼する。

そうか、これが パートナー ってものなんだ。


そういえば日常生活でも、私たちはいいチームワークかもしれません。
洗濯物を干す時は、かずが洗濯機の中から一枚一枚取り出し、
それを私が受け取って干していきます。
最近は慣れてきて、素晴らしい連携プレーです。

何かを取ってほしい時は、言葉で発する前に相手が 「はい、これでしょ」
と差し出すことが多いです。

さくらんぼを食べると、二人同時に 「よし、種飛ばし大会しよ!」 と言います。

家の近くの川を車で通る時、「せーの」 と言わずに声をそろえてその川の歌
を歌います。

時に私が野菜を切る係で、かずが炒める係です。

時にかずが私の良きアドバイザーで、時に私がかずの良きアドバイザーとなります。


うん、私たちはいいチームです。
そして、いいチームで人生を歩んでいくということに、深い心地良さを感じます。



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-25 23:38 | ★ふたりで生きるHappy
知床の番外編
知床の旅について書いたばかりですが、どうしてもご紹介したいものがもうひとつ。


知床の秘境です。
d0012285_206112.jpg
d0012285_2061460.jpg


霧が立ち込める林の中。
なんだか神様でも住んでいるかのような、神秘的な空気が漂い
一瞬自分がどこにいるのか忘れてしまう程不思議な空間。

もうここに何百年立ち続けているのだろうか・・・という木々や、
普段あまり好かない蜘蛛の巣でさえも、神秘的で威厳のあるオーラが出ていて、
心の奥の方で静かな感動を覚えました。
d0012285_2062564.jpg


人間なんてほんとにちっぽけな存在なんだなぁ
人間だからということで決して驕ってはいけないなぁ
数十年の命しかないからこそ、楽しく生きなくちゃなぁ
なんて 改めて感じたのでした。




[PR]
by happylife-3 | 2005-08-22 20:39 | ★Happyなお出かけ
大地の恵みに感謝
農業を営んでいる親戚から、採れたての野菜・果物を
いろいろといただきました。

やはり、「作った人の顔が見える」ものほど、
おいしいものはないなぁと感じました。

とうきびも、メロンも、スーパーに行けば簡単に手に入ります。
でも、その時僕は、生産者の思いや苦労の事までは、
頭から離れてしまっています。

今日、いただいた食料を、テーブルに並べて、
日ごろから、作ってくださった方々と、それを育んでくれた大地に
感謝しなければいけないなぁと思いました。

d0012285_22401723.jpg

d0012285_22405089.jpg

ほんとに、どれもおいしいんです。
おばさん、大地よ、ありがとう。


[PR]
by happylife-3 | 2005-08-21 22:52 | ★おいしいのHappy
日本一の夏
d0012285_23451789.jpg

この一週間は、彼らの一試合・一試合に釘付けでした。

そして、ついに、成し遂げてしまったのです。

去年に引き続き、強い、強い、感動を受けました。

自分の目指す道に突き進むことが、何よりも尊く、一番かっこいい。



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-21 22:00 | ★Happy北海道くらし-できごと
空に牛
d0012285_0255580.jpg


ふと空を見上げたら  


真っ白な牛が  


空を飛んでいた。


か&ま
[PR]
by happylife-3 | 2005-08-21 00:29 | ★Happy北海道くらし-自然
道東の感動ランキング2位&1位!
昨日かずが書いたように、道東の旅では 「うわぁーーーー!」 を
何回発したかわからない程感動ポイントがたくさんありました。
その中でも 特に 特に 感動したポイントを、2位と1位一緒に
お伝えしますね。

まず、第2位は・・・・・



知床峠 です!
d0012285_22172345.jpg
d0012285_22174215.jpg

絶景。

この一言に尽きます。

雲がもう手が届きそうなくらい近いところにあるのです。
いや、手が届くというよりもむしろ、自分の目線の下に
雲とキレイな緑色した山々が果てしなく広がっているのです。
山の上から見下ろしているというよりも、空から地球を見下ろしているような
そんな錯覚さえ覚えます。

二人の口から一緒に出た言葉
「なんか空を飛んでるみたい・・・」

例えて言うならば、天空の城ラピュタにいるような。。。
「ここは日本?」 と疑ってしまいたくなるようなスケールの大きさです。
人間が、とても小さな生き物に思えてきます。
こんな大自然の中で、人間の人生はわずか80年たらず。
それなら自分が楽しいことを 幸せを感じることを
味わいながら暮らしていこう。

そう改めて思いました。




そしてそして、第一位の発表です。

第一位は・・・





知床の夕陽 です!
d0012285_22215294.jpg

d0012285_2222528.jpg

夕陽のあまりの綺麗さに感動して、涙を流したことがありますか?

広大な平野の向こう側に浮かぶ、橙色のまんまるい夕陽を見た時
あまりの感動にただただ立ち尽くしてしまいました。

夕陽がこんなにも綺麗なものだったなんて。。。

周りに誰もいない静かな高台で、二人とも吸い込まれるようにして
ただただ地平線に消えていく夕陽を眺めていました。

私たちが普通に日常生活を送っているのと同じ時に、毎日ここでは
こうして壮大な綺麗な夕陽が一日の終わりを告げているんだな~
と思うと、今までこの夕陽の存在を心に留め感謝していなかった自分が
なんだかとても小さく思えました。

夕陽を見て涙が出そうになったのは、生まれて初めてです。



こうして北海道の壮大な自然を見る度に、心の中の黒い塊のようなものが
溶けて、心がリセットされるような感じがします。

自然たちに感謝します。

ありがとう。



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-17 23:07 | ★Happyなお出かけ
初の道東へ
僕の仕事の休みを利用して、初めて道東方面へ行ってきました。

まさえはもちろん、僕自身も、道東までは行ったことがなく、
二人とも出発前からどんな世界が待っているのかとワクワクしていました。

そしてもう一つ、今回の旅の楽しみは、宿泊は全てキャンプ場ということ。
旅の道すがらのキャンプ場を調べ、そこにテントを張り一泊して、
最終目的地の知床までのんびり行くことにしました。

今回は十勝・知床が主なポイントだったわけですが、
そのスケールの大きさにただただ圧倒されるばかりで、
二人とも「うわぁー、すっげー!!」しか言葉が見つからず、
この旅で、何度この言葉を発したことでしょう(笑)

いろんな所が凄すぎたので、旅の行程を細かく書くよりも、
僕たちが感動したポイントを写真を交えながら、ランキング形式で
お送りさせていただこうと思います。

それでは、さっそく第3位は・・・

「十勝の大平野」

d0012285_23482421.jpg

d0012285_23484065.jpg

ブログの知り合いの方で、十勝在住の方がいまして、
その方のブログを拝見していると、なんて広い空なんだろう!
と画面上でも感動していたのですが。。。

行ってみて、わかりました。
本当に、広いです。空も、大地も。
色もくっきり濃い色でした。青も、緑も、黄色も。

今まで、北海道で美瑛の景色が、一番美しいかなぁと
思っていたのですが、十勝もまた甲乙つけがたいですね。

美瑛は丘が作り出す景色なので、部分部分の美しさは素晴らしいですが、
十勝は平野が作り出す景色なので、全体の大きさに圧倒されます。

写真にもおさまりきらず、人間の目というファインダーは、
なんて素晴らしいんだろうと思いました。
この素晴らしいファインダーを与えてくれて、どうもありがとう。
そしてこの雄大な自然にも、もう頭が上がりません。

第3位から、ちょっと飛ばしてしまったかもしれませんが(笑)、
明日は、第2位をお送りします。お楽しみに!



[PR]
by happylife-3 | 2005-08-16 23:41 | ★Happyなお出かけ