<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
支笏湖氷濤まつり
d0012285_065715.jpg冬の北海道では、雪や氷を活かして
さまざまなイベントが行われています。
2月の札幌雪祭りは全国的にも有名ですが、
こちらの「支笏湖・氷濤まつり」というのは、北海道に住んでいても
まだ行ったことがない人も多いのではないでしょうか。

実は僕たちも、去年までは「行きたいアンテナ」に
引っかかっておらず、見過ごされていたイベントでした。

今年は、事前にいろいろとHPでチェックして、
イベント開幕して最初の週末にさっそく行ってきました。


昼間は、支笏湖の湖水を噴き上げて凍らせた氷濤が、
湖水のブルーによって、とってもきれいに見えます。
これはもう、自然の力によるアートですね。


そしてそして、徐々に日が落ちてくると・・・、
その表情は、どんどん華やかなものに変化していきます。



d0012285_0181030.jpg
色とりどりのライトが氷濤を包み込み・・・



d0012285_0182779.jpg
それはまるで宝石のように美しく・・・




d0012285_018368.jpg
手にとって食べてしまいたくなるほど、おいしそう。。。

d0012285_02759100.jpg
最後は月に向かって打ち上げられた
真冬の夜空に花火の舞。


冬の北海道、楽しいこと、満載です。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-31 00:32 | ★Happy北海道くらし-できごと
雪の結晶が降ってきた!
d0012285_20225524.jpg
今日の夕方、パラパラと雪が降る中、お気に入りのカフェを出て
車の助手席に乗り込み、ふと窓に目をやると、雪がうっすら積もっているのですが
いつもと何かが違う・・・ 

なんだか、真っ白な鳥の羽がふわふわと重なり合っているような・・・・

なんだろう、これ? と思ってよーく見てみると、なんと!綺麗な雪の結晶が
ふわふわと重なり合っているではありませんか!

落ちてくる雪を手のひらに乗せて、綺麗な雪の結晶になっているものを探す・・・
なんてことはやったことがありますが、落ちてくるもの全てが
こんなに綺麗な形をしている雪は初めて見ました!

しばらく車の中からふわふわと落ちて積もっていく雪の結晶たちを眺めていたのですが、
この感動をたくさんの人と共有したい!と思い、カメラを持って車の外へ。 
d0012285_20481378.jpg
d0012285_2034012.jpg
マクロレンズではないので、あまりはっきりと写すことはできませんでしたが、
雪のひとつひとつが、はっきりとした結晶の形をしています。

今日は道路に積もっている雪もキラキラと輝いていて、
まるでダイヤを散りばめたかのような美しさでした。

雪が降っている他の街も、今日はこんな綺麗な雪の結晶が舞い降りてきているんだろうか・・・
そんなことを考えながら、雪と共に暮らせることを幸せに思いました。


[PR]
by happylife-3 | 2007-01-28 20:41 | ★Happy北海道くらし-自然
朝の1コマ
d0012285_00979.jpg今週の札幌は天気が荒れに荒れ、
2日ほど猛吹雪の日が続きました。
そのおかげで(?)、雪が少なくてあんまり冬らしくなかった
街の景色もすっかり本来の姿を取り戻しました。

雪がたっぷり降った後の、晴れた日の朝。
これほど気持ちのいいものはありません。

地下鉄通勤の僕は、朝はいそいそと歩いているのですが、
職場まで徒歩で通っているMasaeは、毎日こんな素敵な道を歩いています。


そして、今日もそんな青空と真っ白の雪道の素晴らしい景色を、
僕にシェアしようとカメラに収めておいてくれました。

ん~、北海道の青空はやっぱり気持ちいい!

気温はマイナス5℃ですが、
こんな日は不思議とそんなに寒くないんですよ。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-27 00:18 | ★Happy北海道くらし-自然
きれいな空を見上げて想う
d0012285_20371515.jpg
ここ数日ずっと、朝起きてカーテンを開けると
とっても綺麗な空が広がっています。
数十分後には曇っていたり、雪が降っている・・・という日もあるのですが、
なぜか起きてカーテンを開ける瞬間は、いつも爽やかな空。
朝焼けのオレンジ色と、”青空”もまだ眠くて本領を発揮できていない・・・
という感じの淡い水色が溶け合った素敵な空。

綺麗な空を見上げると、自分の大切な人たちのことが頭に浮かびます。

「Kazに、”今日は綺麗な空だよ~” って教えてあげよう」 
「実家の方はどんな空模様かなぁ?」 
「最近連絡を取っていないあの人は、元気にやっているかなぁ?」 
「仕事が忙しそうなあの人は、体壊していないかな・・・」
「今年結婚する友達、順調に準備が進んでいるかな?」
「赤ちゃんが生まれて家族が増えた友人たち、ちゃんとパパママしてるかな?」

などなど。。。



そんな瞬間が、またとっても幸せだったりします。

大切な、家族や友人たち。
中には頻繁に連絡をとれない人もいるけれど、
いつも 想っています。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-24 00:05 | ★想うこと
撮れたての夕陽
d0012285_1621669.jpg
日曜日の午後、リビングで本を読んでいたら、
ベランダの窓から、久しぶりにきれいな夕陽が見えてきました。

さっそく、カメラを持ってきて1枚。

つい数分前の、撮れたて写真です。


それにしても、今日は気持ちのいい天気でした。

天気予報もこの通り!

d0012285_16213555.jpg
くもりマークが1つだけ。
惜しい!!



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-21 16:23 | ★Happy北海道くらし-自然
なんでもない日の贈り物
d0012285_2349895.jpg
1万と2日目。
1万日目の記念に、Kazからもらったかわいいピンクのお花の水を取り替えつつ、
今日もこうして元気で暮らしていられることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

夜、Kazの帰宅を玄関で迎えると、後ろに何か隠している様子。
何かと思ったら、近所のケーキ屋さんのケーキ!

今日は何かお祝いごとでもあったかな?と思って聞いてみると、
「よろこぶだろうと思ったから。」

常に二人で楽しく暮らそう!と、笑顔の元をいっぱいプレゼントしてくれる
その気持ちがとても嬉しくて。

高価なものなんていらないのです。
二人で夕食後のデザートタイムを楽しく過ごすための、
近所のケーキ屋さんの小さなケーキだったり、

「ここの景色綺麗そうだよ!今度行ってみよう!」
という言葉と共に見せてくれる新聞や雑誌だったり、

「ごはん作ってくれてありがとう」 という言葉と共に、
豆をごりごりと挽いて淹れてくれる食後のコーヒーだったり。 

そんな、なんでもない日の小さな贈り物たちが、とてもとても嬉しいです。

いくつになっても、こうしてお互いに笑顔の元をいっぱい贈り合える夫婦でいたいなぁ
と思います。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-19 00:07 | ★おうちでHappy
生まれてから1万日目という日
d0012285_2238772.jpg
今日は、Masaeが生まれてからちょうど1万日目の日です。
昨年、もうすぐ自分が生まれてから1万日目だということを知ってから、
毎年の誕生日のほかに、こうして一生に一度しかやってこない
「生まれてから1万日」という日が、とっても大切な日に思うようになりました。

27歳と半年を迎える頃にやってくる、この「1万日記念日」。
20歳で成人式を迎え、一般的には「大人」扱いをうけるようになりますが、
その時点では学生だったりで、まだまだ世の中の事も十分知らないものです。
きっと、1万日あたりが、仕事もそれなりに経験してきて、
家庭を持ったり、子供を授かる人も出てきたりと、自分の人生が
自分ひとりのものではなくなり、本当の意味での「大人」と呼べる年頃なんでしょうね。

僕は、昨年1万日目を通過して、もう1年近く経とうとしていますが、
Masaeの1万日記念日を、昨年とは違って「夫婦」として迎え、
守るべきもの・大切な人と過ごす時間を大切にしながら、
一日一日を噛み締めて過ごしていきたいなぁと思いました。

考えてみると、夫である僕でさえMasaeと共に過ごしてきた時間は、
1万日のうちのごく一部です。この世の中で、これまでの1万日間毎日、
Masaeの事を想い続けてきたのは、紛れもなくMasaeのお父さん・お母さん
二人だけでしょう。

今日は、改めてそんなお父さん・お母さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-16 22:50 | ★Happyな記念日
白い雪と蒼い川
d0012285_23101095.jpg
雪深い森の中をドライブしていくと、そこに待ち構えているのは・・・、


d0012285_2334472.jpg
蒼い川!

北海道にお住まいの他のブロガーさんが何名か、このBlue Riverを紹介していて、
真っ白い雪の中を流れる蒼い川が、なんて幻想的なんだろう!と思い、
ぜひぜひ訪れてみたかった場所でした。

この蒼は、近くから湧き出る白金温泉の成分が
混ざりこんで創り出されているようです。
蒼い川に降り注ぐ滝は、「白ひげの滝」というそうで、
もちろん滝の流れも「白ひげ」のようなのですが、
冬のこの時期は、そこに滴る水が凍り付いて巨大なつららになっていて、
そちらのほうが立派な「白ひげ」になっています。

d0012285_23224730.jpgd0012285_23192773.jpg
蒼い川の色の神秘さと、つららの巨大な迫力と、真っ白な雪の美しさ。
またまた北海道の自然が創り出す景色に圧倒されてしまいました!

丘で有名な美瑛の町から森に入ったところにある美瑛川。
午後からの出発になってしまったため、日没までに間に合うか!?と
途中心配になりましたが、なんとか辿り付けたBlue River。
雪道のロングドライブの疲れも吹き飛ぶ、素晴らしい景色と出会うことができました。
そばにある白金温泉も◎です。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-14 23:49 | ★Happyなお出かけ
金曜日ののんびりな夜時間
d0012285_23515518.jpg
金曜日の夜。
「平日の夜」の中では一番好きな時間かもしれません。

お土産で買ってきてくれた大好きな六花亭のさくさくパイを
Kazが淹れてくれたイニシャル入り(!)のカフェラテと一緒に楽しみながら

週末はどこにいこうかという話をしていると思ったら、
いつの間にか新聞記事の話題になり、
そしてまたいつの間にか今日の出来事の話になり、
そしてまたまたいつの間にか木の家の話になり・・・ 

時間を気にせずに、二人でゆっくりできる金曜日の夜が
とても好きです。



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-12 23:58 | ★おうちでHappy
自然とともに生きる
d0012285_23592690.jpg
北海道の真ん中・旭川の隣にある東川町という小さな町の、
そのまた外れの山奥に、廃校になった小学校を工場にしている、
北の住まい設計社」という会社があります。

この廃校跡の工場で、自然を大切に、木を大切にしながら、
家具が生み出されています。

札幌のあるお店で見つけたダイニング・テーブルが、
この「北の住まい設計社」のものだと知り、実際に作られている
現場に行ってみたくなり、訪ねてみました。

そこには、同じように大切に育てられた木で創られた
ショールームとカフェが併設されているのですが、
ひとつひとつの家具も、カフェのひとつひとつの料理も、
どれもシンプルだけど、とてもあったかい。

ホームページに記載されていた、「私たちがおもうこと」には、
とても共感できたし、そういう想いのもとで、ものづくりできる会社って
素敵だなぁと思いました。

************************
「私たちがおもうこと」

森と、大地と、空と、川と、海と。
そして、そこに生きるすべてのものたちが共存し、
たすけあっていけるはずの、この地球。

この、かけがえのない'星'を、
私たち人間だけの都合で壊すことのないように。

考え方をかえられるのも、生き方をかえられるのも、
人間だけなのですから。

いつまでも、いつまでも地球に生きるすべてのものたちが、
幸せであり続けられるように。

いま、私たちひとりひとりにできること…。
私たちが暮らしているこの地球に、限りなく未来があるように、
少しでも、私たちにできること。

たとえば、自然にやさしい、天然の素材で作ること。
素材が生き続けられる、やさしい作り方であること。
修理も可能な、しっかりとした手仕事であること。
そして、飽きのこないシンプルなデザインであること。

これは、自然のサイクルと同じだけ、永く、永く、
子供たちの子供たちまでも幾代にも渡って、使い続けてもらいたいという
「北の住まい設計社」の願いでもあります。

************************

d0012285_0115591.jpgd0012285_012327.jpg



[PR]
by happylife-3 | 2007-01-11 00:13 | ★Happyになるお店