「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Happy Birthday!!
d0012285_2335760.jpg今年も二人とも健康で、
笑顔でこの日を迎えることができました。

早いもので、このブログで迎える誕生日もこれで3回目。

去年の様子はこちら。
おととしの様子はこちら。

来年も、再来年も、その先もずーっと毎年、
同じように喜びを分かち合いたいものです。

年々二人でこの日を迎えるたびに思うことですが、
一緒にいられる喜びは年を重ねるごとに大きくなっていると思う。
感じられる幸せも、年々深くなっている。


これからも、一番のパートナーでいよう。



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-31 23:49 | ★Happyな記念日
厚田の夕陽と恋人の聖地
週末はすーっごく天気が良くて、とてもキレイな青空で、
「これだと、今日の夕陽はすごくキレイに見えるかもしれないね」 と、
絶好の夕陽スポットである日本海沿いの厚田へと車を走らせました。(地図

札幌を出た頃にはもう陽が傾き始めていて、
「厚田に到着するまでは沈まないで~」 と祈りながら
一時間ほど車を走らせ、海沿いの厚田公園に到着。

d0012285_7513561.jpg
到着する少し前までは、車の中から真っ赤な夕陽が見えていたのに、
下の方に厚い雲があって、陽が沈んでいくごとにどんどん雲の後ろへと
夕陽は隠れてしまいました。

でも、雲の後ろに隠れた夕陽が放つ光で、
まわりの空が赤く染まっていてとても綺麗。

もっと高い所に登ってみよう!と公園内をぐるーっと見渡すと、
なにやら「展望台はこちら」の看板。

その看板に従って木々に囲まれた階段と坂を上へ上へと登ってみると、
なんとそこは 「恋人の聖地」 でした。
d0012285_8144393.jpg
静かに海を見下ろすと、波がとても穏やかで、
海の遠く向こう側には小樽の港の灯りがぽつりぽつり。

夕陽が沈むところは見れなかったけれど、心を落ち着けてくれる
とても美しい景色を楽しむことができました。



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-27 08:22 | ★Happy北海道くらし-自然
とってもおいしいプリンのお店
d0012285_0215869.jpg今年の4月、小樽に「アン・デリス」という小さなお店がオープンしました。
ここはなんと、プリンの専門店なんです。

オープンしてから、ずーっと行ってみようと思ってたのですが、
なかなかタイミングが合わず、、、先日、ようやく行くことができました!

プリン専門店というだけあって、お店のショーケースの中には、
定番のカスタードや、季節の果物をふんだんに使ったものや、
抹茶やきなこといったプリンとしては珍しいものまで10数種類のプリンが
並んでいます。

甘いもの大好きな僕達には、どれにしようか迷ってしまい、
とってもひとつには選び切れません。

なんとか5種類を選んで、持ち帰って早速食べてみると・・・
イチゴならイチゴの、チョコレートならチョコレートの、それぞれの
トッピングのおいしさが引き立っていて、どれもとってもおいしいんです!

いままでの「プリン」の枠を超えた、新しいスウィーツの境地を味わえます~。



d0012285_0383679.jpg

d0012285_0384988.jpg
実は、こちらのオーナーシェフ、僕のいとこなんです。
小さい頃からとってもかわいがってもらった、とっても優しいお兄ちゃん。
今では立派な自分のお店のオーナーです。
フランス料理のレストランなどいろんなお店で修行をつんで独立したので、
身内だからというわけではなくて、ほんとに味はオススメです♪

小樽に遊びに行った際には、ぜひ立ち寄ってみてください。




===============================
アン・デリス(Un delice)
 ・住所: 小樽市住ノ江1丁目5番1号
 ・電話: 0134-34-1616
 ・営業時間: 10:00 ~ 19:00 (売切れ次第、閉店)
 ・定休日: 水曜日 
===============================
[PR]
by happylife-3 | 2007-08-25 00:41
じーんときた夏のとある夜
d0012285_1955172.jpg
先週のある夜、この日はとても暑い日で、家の窓を全開にしていると
どこからともなく太鼓の音が響いてきました。

その音に誘われるように、二人ともサンダルを履いてペッタンペッタンと
太鼓の音の方向へと夜散歩。

着いてみると、そこは近所の盆踊り会場でした。

そういえば、最後に盆踊り会場に足を運んだのは、いつのことだろう?
中学生の頃だったかな?
小学生の頃は、あの太鼓の響きと、輪になって踊っていると
いつの間にか楽しくてやめられなくなってしまう盆踊りが大好きで、
夏祭りはよく近所の商店街の盆踊り大会に行ってたなぁ。

一瞬、ふと幼い頃の自分に戻ったような錯覚がして、なんだかとても懐かしい感じ。

太鼓の響き、真ん中に立つやぐら

少し雑音の入るスピーカーから延々と流れる唄

とても綺麗に浴衣を着こなして優雅に踊っているおばあさん

腰の低いところで浴衣の帯を締め、粋にキメてるおじさん

子供を抱っこしながら踊っているお母さん

飛び入り参加して見よう見まねで、でも楽しそうにニコニコ踊っているおばさん

お父さんに背中を押されて、「えいっ」と一人で輪の中に入っていった少年・・・


場所は違えど、盆踊りの光景は十数年前となんら変わっていなくて、
大人も子供も、みんな輪になって全員が楽しく踊るこの盆踊り大会というものが
こうしてまだ続いていることに、深い感動をおぼえました。

日本の各地では、盆踊りの他にもいろんなお祭りや、踊りや、唄などがあると思いますが、
どんなに経済や文化が発展しても、こういった伝統は
ずっと守られてほしいと願いながら、胸が熱くなった夏の夜でした。



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-23 20:40 | ★想うこと
「いいモノ見せてあげるよ」
d0012285_0554639.jpg
陽が沈みかけてきた夕方、Kazが 「いいモノ見せてあげる」 と
連れて行ってくれたのがこちら、札幌ドームの展望台。

昼間に来たことはあったけれど、夕暮れ時は初めて。
しかも18時以降は、半額の大人ひとり250円!

眼下には明かりが灯り始めた札幌の街が広がり、
前方には藻岩山や手稲山などが陽の光をバックに美しいシルエット。
空は赤く染まり、だんだんと群青色に変わっていく。
街の明かりも、ひとつ、またひとつと増えていき、気付いたら
すっかり陽は沈み、街はキレイな夜景になっていました。

野球の試合もイベントもなかったこの日は、いつも人で賑わっているドームが
静けさに包まれていて、なんだか不思議な空間の中、
青から赤、赤から群青色へと変わっていく空を眺め、ゆったりとした
幸せなひとときを過ごすことができました。

ありがとう。

まだ行ったことがない方は、空がキレイな日に行ってみることをオススメします☆



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-21 23:54 | ★Happyなお出かけ
気持ちのいい日はこんな過ごし方を
d0012285_22584863.jpg
今日はほんっとうに気持ちの良い一日でした。
わたあめみたいな白い雲が ほわん ほわん と浮かんでいて
空はキレイな青空。

数日前までの猛暑日がウソのように、カラッとしていて
爽やかな風が吹いていて。
半袖でも寒くなく、暑くなく、不快な感じもなく、
自然と伸びをしたくなるような、そんな気温と湿度と風が大好きです。

さっそく朝からKaz特製のアイスカフェラテと本を持って、
近くの芝生が広がる広い公園で読書タイム。 
日曜日の朝の公園は、とても静かで、木陰の下でのんびりと
気持ちの良い時間を過ごせます。

時々本から目を離し、写真を撮ったり、ドリンクを飲みながら鮮やかな緑を
目で楽しんだり、Kazは公園の周りをジョギングしたり。
午後の札幌ドームでの野球観戦前のひととき、とても気持ちが良くて
幸せな時間を過ごすことができました。

あ~ この北海道のカラッとした空気が、本当に大好きです。



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-19 23:52 | ★HappyLifeな暮らし方
てっぺん到達!
d0012285_037431.jpg
道北キャンプ旅行2日目。
小平町の海の見えるキャンプ場で迎えた朝があまりに気持ち良くて、
キャンプ場の最後の一組になるまでのんびりとした午前中を過ごしました。
その後、近くの温泉でさっぱりとし、いざ日本のてっぺんに向けて、
再び走り始めました。

宗谷岬に辿りつく手前、ひたすらに広がる大湿原のサロベツ原野を眺め、
あらためて北海道の大きさ、自然の雄大さを肌で感じるのでした。

d0012285_0333651.jpg
だんだんと風も強くなり始め、いよいよ最北の地へ近づいている
実感がわいてきました。

d0012285_03828100.jpg
そしてついに、宗谷岬到達~!!
もうこの43Km先はサハリンです。
東京までは1100Km、石垣島までは2850Kmとありましたから、
小さな島国とはいえ、日本列島の長さを実感しますね。

てっぺんにたどりついた満足感で胸いっぱいになりながら、
再び来たルートを今度は南下します。

だんだんと太陽が日本海に沈んでいくのを横目に見ながらの
ドライブは本当に最高でした。

d0012285_0464370.jpg
夕陽が海に沈む前、思わず車を止めて、しばらく水平線から
消えてゆく太陽と赤く染まる空を眺めていました。

「ザザー」という海の音と、昼の熱気がまだ残る夏の夜風が、
ゆったりとした1日の終わり心地よく告げてくれます。

d0012285_0471220.jpg

そして、夕陽の沈んだ日本海沿いのキャンプ場でもう1泊し、
僕らの夏のキャンプ旅行も幕を閉じました。



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-19 00:49 | ★Happyなお出かけ
日本のてっぺんへ!
d0012285_23422987.jpg
さあ夏休み!
今年の夏休みは、まだ行ったことのない日本最北端の「宗谷岬」を目指して
気の向くままに車を走らせよう~、とだけ決めて家を出発。

北海道の日本海側、海沿いの 「オロロンライン」 と呼ばれる国道を
ひたすら北へ北へとドライブ。
海を見ながらのドライブは、ほんっとうに気持ちがいい!
北海道の海だって、夏は太陽の光を浴びてキレイな青色になり、
とても美しいのです。

途中おなかがすいて、海の幸がおいしそうなお店へ。
本当は今が旬のものを食べたいと思っていたのですが、
大のサーモン&イクラ好きの私は、やっぱりコレを頼んでしまうのでした^^
d0012285_23582486.jpg


さて、昼頃に家を出発したこともあって、当然その日のうちに宗谷岬に辿り着くはずがなく、
空が赤くなってきたところで、夕陽がとてもキレイに見えるという
小平町の 「望洋台キャンプ場」へ。
d0012285_011128.jpg
きちんと管理されていて、とても気持ちの良いキャンプ場です。
海を眺めながら、そして海からの風を肌で感じながら、二人でタープ&テント設営。
海沿いで風が少し強かったので、いつもよりしっかりとペグを打って固定しました。

この日の夜は、チキンと野菜をたっぷり入れた鍋を炭火にかけ、
ざざ~ん という心地良い波の音を聞きながら、コトコトとのんびり煮込んで
Kaz&Masae特製 チキンと野菜のうまみたっぷり煮込み料理の完成!
d0012285_020537.jpg

パンと一緒にいただきました。 
シンプルな味付けですが、外で食べるとほんっとうにおいしい!
波の音と、おいしいごはん。 最高に幸せなひとときです。

翌朝も、青空と海を眺めながらの朝食。 
d0012285_0311985.jpg
海と空を見ながら目玉焼きとベーコンを焼き、
海と空を見ながらコーヒー豆をゴリゴリと挽き、至福の朝食タイム。
しばし宗谷岬のことを忘れ、このままここでのんびりしていたいなぁ~
なんて思ってしまうくらい、居心地が良くて幸せでした。

さて、この後無事に宗谷岬まで辿り着けるのでしょうか~^^ 



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-17 00:35 | ★Happy北海道くらし-自然
夏休み! 今から・・・
テントを車に積んで、準備完了。
今から稚内方面へ向けて出発します~!
この時間に出発したら、何時に着くんだろう・・・ 

休憩しつつ、寄り道しつつ、道北の旅をのんびり満喫してきます☆
[PR]
by happylife-3 | 2007-08-11 12:03 | ★Happy北海道くらし-自然
海の向こうの小さなおともだち
d0012285_22264093.jpg
私たちが手紙のやりとりをしている、インドの小さな女の子
その女の子から、先日手紙が届きました。

その子はまだ字が書けなかったので、今までずっと、
描いた絵を送ってくれるか、もしくはお姉さんが代わりに
その子の様子を手紙に書いてくれるという感じだったのに、
今回手紙を見てびっくり。 
その小さな女の子が、自分自身で書いてくれた初めての手紙だったのです!
(もしかしたら、字は家族に代筆してもらったのかもしれませんが、
 でも主語がその子自身になっている手紙は初めて!)

考えてみると、手紙のやりとりを始めたのがちょうど3年前。
その時は7歳だったその女の子も、もう10歳。
手紙が絵から文章に変わっても、不思議ではありません。
それにしても、なんだかすごい成長を感じて、
手紙を読みながら感動してしまいました。

その手紙の最後には、こう綴ってありました。

 『手紙をもらうと、とても幸せな気持ちになります。
  あなたたちのことは、一生忘れないでしょう。
  また手紙を書きます。』

なんだか、心と心が少し触れ合ったような、そんなあったかい気持ちになりました。
明日、お返事を投函します。



[PR]
by happylife-3 | 2007-08-08 22:49 | ★Happyなふれあい