「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
お菓子をつくる夜時間
d0012285_06115.jpgこんばんは。Masaeです。

今夜はふと思い立ってパウンドケーキを作りました。

何かの記念日というわけではありませんが、
なんでもない日に作るケーキだから、いつもとちょっと違う気分で
これがまた楽しかったりします。

ケーキ作りで特に好きな工程は、型に生地を流し込む瞬間と、
オーブンで焼き始めていい匂いが家中に漂うひととき、
そして竹串を挿して焼き加減OK!となる瞬間。 

そして、自分で味見をして、誰かに食べてもらう瞬間も大好きです。

そう考えると、今までお菓子作りはあまり得意ではないので
頻繁に作ってはいませんでしたが、
結構好きな瞬間が詰まっている作業なんだなぁ。。。



明日、1日置いてしっとりしたパウンドケーキと
今日購入したハーブティーと共に、のんびりおうちカフェを開こうと思います~ 
d0012285_02832100.jpg

 
 
 
   
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-22 00:29 | ★おいしいのHappy
小樽雪あかりの路
d0012285_091248.jpg
こんばんは。Kazです。

小樽の冬のイベントと言ったら、やっぱりこれですね~。
雪あかりの路」。
今日の札幌は大雪で、小樽までの道のりも吹雪が続き
どうなるかと思いましたが、到着したら雪がやんでくれました。


今年で10回目を迎えるこのイベントは、たくさんのボランティアの方々の
手作りで作られていて、とっても温かみを感じさせてくれます。
韓国や中国からもボランティアに参加していただいているようで、
キャンドルの形も年々工夫を凝らしたものができあがっていて、
毎年行っても楽しめるイベントです。

d0012285_0213352.jpg
運河も凍るほどの寒さでしたが、そんな寒さも忘れさせてくれるような、
ろうそくの優しい灯りです。

d0012285_0143439.jpg
ひとつひとつ手作りで作られています。

d0012285_0151056.jpg
来年もまた楽しみにしています!
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-17 00:22 | ★Happy北海道くらし-できごと
たくさんの「ありがとう」の日
d0012285_22482270.jpg
こんばんは。 Masaeです。

移住記念日のアップルケーキ以外では、
ここ最近あまりゆっくりとケーキを作っていなかったので、
今日はじっくりとおいしいチョコレートケーキを作ろう!
と前々から楽しみにしていました。

チョコレートを溶かして、材料を混ぜ合わせて・・・ 

「いつもありがとう~」 と感謝の気持ちを込めながらかき混ぜて・・・

ケーキ作りをスタートした途端、家の中にあま~い香りが広がります。

作りながら、溶けてきたチョコレートを見て
「あ~おいしそう~!」
型に流し込んだ生地を見て
「あ~~おいしそう~!」
泡立てた生クリームを見て
「おいしそう~~~!」

お菓子作りって、作っている過程でもたくさんの幸せを感じ、 
食べて喜んでもらうことを想像すると、とても嬉しい気持ちになります。

そして、作ったものを「おいしい」と食べてくれる人がそばにいるということや、
こうして大切な人の喜ぶ顔が見たくてお菓子作りをする時間を
過ごせているということに、大きな感謝の気持ちが生まれてきます。

今年は、しっとりしたチョコレートケーキに、Kazの大大大好物の
イチゴと生クリームを添えて、ハーブティーと一緒に夜のデザートタイム。

今年も、手作りケーキを喜んで食べてくれてありがとう。
「おいしい」と言ってくれてありがとう。
一緒に楽しいデザートタイムを過ごしてくれてありがとう。


「ありがとう」 の気持ちを感じさせてくれて ありがとう。


d0012285_2321106.jpg


 
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-14 22:46 | ★おいしいのHappy
登山家・栗城史多さんの講演会
d0012285_15505885.jpgこんばんは。Kazです。

今日は吹雪で寒い札幌でした。

先日、友人が主催する「登山家・栗城史多さんの講演会」に
写真撮影のお手伝いで参加させてもらいました。

世界7大陸の最高峰の山々を、たった一人でしかも酸素ボンベなしでの
登頂を目指している栗城さん。
昨年末に、南極大陸最高峰も登頂を成功させ、
いよいよ残すは世界最高峰のエベレストのみという前人未踏の
夢に向かっている栗城さん。

栗城さんの存在自体は、新聞などで知ってはいましたが、
ここまでじっくりとお話をうかがったのは初めてで、
その姿、想いに一気に魅了されてしまいました。

何がすごいかって、その目指していること自体がすごいのはもちろん
言うに及ばずなのですが、それよりもその裏にある彼の考え方が
とても素晴らしいと思い、心から応援したくなりました。

登山には、想像以上のお金がかかる(入山料や渡航費など)そうで、
その資金を集めるために、彼は自ら営業マンとなり、いろんな企業を
駆け回り、自分の夢を伝え、そしてその夢を実現することでその企業に
どんな貢献ができるのかをプレゼンして、非常に地道な活動をされているお話など、
具体的なエピソードを交えて、大変面白くお話していただきました。

彼のすごいところは、夢に向かって好きなことを本気でやっていると、
自然と応援してくれる人が集まってくる、ということを実践しているところです。
周りからも反対され、資金も期間もなくなり、「もう絶対無理だ」という状況になっても、
あきらめないことで、奇跡的な出会いが起こるのだそうです。

また、山を登るにあたっては、決して山を征服しようという考え方ではなく、
山や天候・自然との対話を重視し、山に受け入れられて登らせてもらうという
考え方なのだそうです。

だから、頂上に登ることは夢だし絶対に諦めないけれど、
執着しすぎるのもいけないということでした。
山に受け入れられず、登らないほうが良いと直感的に感じたら、
登らず次のチャンスをうかがうというのです。

常に死も隣合わせという極限と戦っている彼の状態は、
僕が想像できる範囲よりもはるかに過酷なものなのだろうけれど、
夢をあきらめずに、どうすれば実現するかということについて、
とっても参考になるメッセージを受け取りました。

「成功の反対は、失敗ではなく、何もしないこと。」

本当にその通りだと思いました。


栗城さん、これから応援していこうと思います。
HP: http://kurikiyama.jp/index.html
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-13 23:48 | ★Happyなふれあい
3回目の移住記念日
d0012285_22364160.jpg
こんばんは。Kazです。

片道航空券を握り締めて、東京から北海道にやってきた
2005年2月7日から、ちょうど3年が経ちました。

まだ結婚前で苗字の違った二人が、仕事も決めないまま、
「好きな場所で好きな人と暮らす」ということだけ決めて、
北海道での暮らしをスタートしたあの日から3年。

東京での超多忙生活を抜け出し、
まずは自分たちの暮らしを穏やかに、笑顔で暮らせるように
することが何よりも大切だと思い、
「毎日の暮らしの中にある小さな幸せ」をめいいっぱい味わうように
ライフスタイルを転換していきました。

一年前のこの日も、
二年前のこの日も、
やっぱり、北海道で暮らし始めた2月7日は僕たちにとって、
特別な日なのであります。

状況は毎年変わっているし、
一年前に「来年の今頃はどうなっているんだろう~?」と
思っていたように、
今日も「来年の今頃はどうなっているんだろう~?」という
思いがあります。

ただ、今年の場合、「これをやりたい!」というものがあるので、
「どうなっているんだろう~」は神様にゆだねるようなものではなくて、
自分たちの足で歩き、手でつかんでいかなければいけないもの
なんだろうな~と感じています。

そう考えると、ワクワクもするし不安も出てきます。
「絶対にできる!」となる日もあれば、「大丈夫だろうか~?」となる日もあれば。

でも、やっぱり僕たちの場合、悩んだときの答えは二人の間にあり、
原点でもある「身近な幸せを大切にする」ということを忘れなければ、
結果はどうあれ、間違った方向には進んでいかないだろうと信じています。


今日も家に帰ったら、同じく仕事帰りであまり時間がないにも関わらず、
今日という日をお祝いするために、Masaeが手作りのりんごケーキを
作っていてくれました。

そんな毎日の出来事の積み重ねが、僕たちの幸せのカタチ。
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-07 23:05 | ★Happyな記念日
感動アンテナ
d0012285_2223584.jpg
こんばんは。Masaeです。

みなさん、この写真に写っているもの、何だかわかりますか?

そうです、雪です。
雪の結晶です!


昨日の朝、いつもの道を歩いていると、雪道がキラキラ キラキラ
ものすごく美しく輝いていました。

あっちもキラキラ こっちもキラキラ

まるで、無数の小さなダイヤモンドが、あちらこちらに
ちりばめられているかのよう。

あまりに綺麗で、ずーっと下を見て歩いていたほど^^

本当に綺麗だなぁ 美しいなぁ
どんな宝石屋さんよりも、この何気ない雪道の方がキラキラ輝いていて素敵だなぁ
と、感動しながら歩いていること10分。

そのうち、ぱらぱら~っと雪が降ってきました。

あれ?この雪は、いつもの雪と感触がちょっと違う。。 
一粒一粒が小さくて、当たる感触が少し鋭くて、
そしてキラキラ輝きながら舞い落ちてきて・・・

もしかして、今日は結晶が見られるかも!

と気付いて、急いで手袋で雪を受け止めて、顔を近づけて見てみると・・・ 

完璧な六角形をした雪の結晶たちに大興奮!

本当に自然が作り出したものなの?と疑ってしまうくらい完璧で美しい形。
しばし見とれてしまうくらい、感動的で神秘的で美しい雪の結晶。

感動して、しばらくコートについた雪の結晶たちを
じーっと眺めてしまいました。
その後、その雪をはらうのもためらってしまったほど、
自然が作り出した完璧なまでの「美」に、心から感銘を受けました。


Kazとも話していたのですが、「好きだから、やっていること」 を
増やしていくにつれ、不思議と感動のアンテナまでも敏感になってきたように思います。

日常に起きる出来事を、マイナスでとらえるのは簡単なこと。
例えば、雪は寒くてイヤだなぁとか、雪が降ったら雪かきが大変だなぁとか。

でも、せっかくこの生きている毎日の大切な時間は、
楽しく良い気持ちで過ごしていたい。 

だから、「好きだから、やっていること」 を増やしていく。
すると、心がワクワクしてきて、「ワクワクすること」 に敏感になっていく。

そうすると日常に散らばっている小さな幸せや楽しみや感動にも
もっと敏感になって、暮らしの中の時間と心が、
もっともっと豊かになっていくような気がします。

何かに 感動できる毎日 って、素敵ですね。
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-05 22:57 | ★Happy北海道くらし-自然
「このために生まれてきたという人生」
d0012285_0124277.jpgこんばんは。Kazです。

今日は、とっても感動した映像をご紹介したいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=o5GUM8E0xPI
http://stream.bmgjapan.com/paul_potts/britains_got_talent_01.asx(字幕付き)

あるイギリスのオーディション番組に出場したポールは、携帯電話のセールスマン。

でも見た目もちょっと冴えないし、これが本当の自分ではないことは、
本人が一番よくわかっていたのだと思います。

「My Dream is to spend my life doing what I feel I was born to do.」
(僕の夢は、このために生まれてきたんだという人生を過ごすことです)

ちょっと自信なさげに言うポールに、厳しい審査員たちはあまり興味を示してくれません。

審査員:「それで、今日は何をしにきたの、ポール?」

ポール:「オペラを唄いに来ました。」

審査員:「ふーん、いつでもどうぞ。」

そして、ポールは唄い始めます。

唄い始めると、会場の空気が一変するのがわかります。
僕も、1分10秒あたりから、ゾクゾクゾク~~っと鳥肌が立ちました。

あとは、もう映像を見ていただければ、この感動がおわかりいただけるかと思います。

前回の「Happy Lifeのススメ」の日記の続きになりますが、
「好きだから、やっていること」の時間を増やすとどうなるか。

たくさんの人に応援されるようになります。

そして、なりたいと思っていた自分になれるのだと思います。
この映像を見て、それを強く実感しました。

僕たちも「好きだから、やっていること」を少しずつ膨らまして、
「このために生まれてきたという人生」に向かって、
一歩ずつ進んでいきたいと思います。


※ポールは、今年世界デビューを果たしたそうです。
 http://www.bmgjapan.com/paulpotts/
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-03 00:14 | ★想うこと
幸せのおすそわけをいただきました
d0012285_2326357.jpgこんにちは。Masaeです。

先月、つまり年末は、個展から始まって
いろんな方との新しい出会いや久しぶりの出会いもあり、
笑顔と幸せをたくさんいただきました。

特にとても嬉しかったのが、幸せのおすそわけをいただいたこと。

12月も終わりにさしかかる頃、ピンポン~と我が家に
突然届いた贈り物。

何かな~?と思いながら開けてみてビックリ!
おいしそうな何種類ものパンやクッキーや
洋ナシやぶどうなどのフルーツが、たくさん入っていました。

送ってくださった方は、「どっしりしたパンが好きって言っていたから、
お気に入りのお店のパンをぜひ食べてみて」
と、週2日しかオープンしていないパン屋さんにわざわざ足を
運んでくださり、パン以外にも色々なものを詰めて
送ってくださいました。

パンとフルーツが大好きな私は、開けた時に
とーっても嬉しい気持ちになったのは言うまでもありません。
そして何より、私が好きなものを覚えててくれて、
オススメなモノを分かち合ってくれたその方の気持ちに
心から感動しました。
どうもありがとうございます!


そして、その感動から数日経ち、またまたピンポ~ンとお届けモノが。
なんだろうな~と思って箱を開けてみると、今度は旭川から幸せのおすそわけ。
d0012285_23545022.jpg
『野土花(のどか)』 のジャムやお米やなんばん味噌や
三升漬けなどの詰め合わせと、手書きのお手紙が入っていました。

『野土花(のどか)』とは、
 「旭川市東鷹栖の農家のお母さんたちが安心・安全な食品にこだわり、
 自分達の育てた農産物と東鷹栖産の食材を使い、農作業と加工時間を
 調整しながら一所懸命作った商品」
だそうです。
 
こだわって作られているだけあって、とてもおいしくてビックリしました。
特にジャムがと~ってもおいしくて、ジャム好きな私たちは
毎朝幸せな朝食タイムを過ごさせてもらいました。
(なので上の写真のジャムは、中身がかなり減ってしまってから撮りました(笑))

幸せのおすそわけを受け取ると、受け取った側は本当に幸せな気持ちになります。
「私たちのために贈ってくれた」 ということを考えるだけで、
心がじ~んとあったかくなる感じ。

いただいた幸せのおすそわけは、別の形で私たちから
誰かへと、広げていけたらいいなぁ。
こんな風に、じんわりじんわりと、あったかい心が広がっていったら嬉しいですね。
[PR]
by happylife-3 | 2008-02-01 00:15