「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ニセコ ( 2 ) タグの人気記事
ニセコに行ってきました!
d0012285_21562028.jpg
ニセコに行ってきました。 

12月に行ったきりなので、半年ぶりのニセコ旅行。

緑が鮮やかになってきた山を越え、峠を抜けて車を走らせていくと・・・ 


まーっすぐな道路の先に、威厳のある羊蹄山の姿。 

いつも私たちが行くと、だいたい羊蹄山の頭には雲がかかっているのですが、
この日は頭までくっきりと見ることができました。 



街の中や峠は、もう雪がすっかり融けていましたが、
羊蹄山はまだ雪が残っているようで、白い雪をかぶった姿がなんとも神秘的。
d0012285_2232048.jpg

今回のニセコ旅行では、ずっと会いたいと思っていた方にお会いすることができました。
私たちが着くと、なんとご自身の手で打って作ってくださったおそばを
出してくださいました。
d0012285_2244425.jpg
このおそば、と~ってもおいしくて、二人で感激しながらいただきました。
やはり手作りのものは、気持ちも伝わって、一層おいしくて、
なぜだか自然と笑みがこぼれてきます。
(ありがとうございました!)

とても楽しいひとときを過ごすことができた上に、
たくさんのお土産までいただいてしまい、温かさを感じてとても幸せな気持ちになりました。

その後、私たちのお気に入りの宿へ遊びに行き、温かい飲み物をいただきながら
羊蹄山が見える席で、オーナーのご主人と色々なお話をさせていただきました。

ここでも、ご主人から温かいお心遣いをいただき、
またまた二人で感激してしまいました。 


羊蹄山の麓で、大自然に囲まれながら、温かい心を持った方々との触れ合い。

とても楽しいひとときを過ごさせてもらいました。 

また近々、ニセコに遊びに行こうと思います~!




 
[PR]
by happylife-3 | 2008-05-04 22:20 | ★Happy北海道くらし-自然
ニセコのおすすめ宿
d0012285_20524710.jpg
年末はニセコに二人で合宿をしに行ったわけですが、
実は行く前、泊まる場所で悩んでいました。 

今回は二人でじっくりと話をしたり、ノートに色々書き留めたり、
これからのプランを作ったりしたかったので、できれば部屋の中に
広めの机があって、寝室とは別にもうひとつの空間がある部屋がいいなぁ と思っていました。

ニセコにはお気に入りの小さな小さなホテルがあるのですが、
やはり部屋の空間の大半はベッドが占めていて、今回の旅には残念だけど向かなそう・・・
他のホテルやペンションもだいたい同じ。

素敵なコンドミニアムも色々あったのですが、長期滞在向けだったり、とても高級だったり(!)。

そんな中、リビングとミニキッチンがついたコンドミニアムタイプの部屋がある
とても素敵なペンションを発見し、今回はそちらに泊まってきました。 

ペンションの名前は、『ファミールイン ラミーナ』。

ご夫婦で経営されていて、木と光のぬくもりをたっぷりと肌で感じられる場所です。
d0012285_21111495.jpg

こちらで何が一番感動したかというと、やはり料理!

まず、品数にびっくり。
d0012285_21133414.jpg
次から次へと、二人の前にお皿が並べられていきます。
しかも、そのどれもが 「ニセコ産のじゃがいもを使った~」「岩内産の縞ゾイの~」
「清里産の長芋の~」 と、ほとんどが北海道の食材を使って作られたもの。

そして、品数は多いのに、決して食べきれない量ではなく、ちょうどおなかが
一杯になるバランスで出してくれるのです。

朝食も同じく品数いっぱい。でも残さず食べられる、バランスの取れた量。
自家製の漬物、自家製の豆腐、手作りのパン、手作りのジャム・・・ 
ジャムにいたっては、秋に3日間宿をクローズして、余市のぶどうを使って
1年分のジャムを手作りするんだそうです。

こんなにたくさんの手作りの品々、きっとスタッフが何人かいるんだろう・・・
と思って聞いてみると、なんと、オーナーの奥様がたった一人で全て作っているとのこと!

もし自分が同じように全てを手作りしたら、きっと何時間あっても終わりません・・・
ラミーナのお母さん、すごいです。 

そしてここの空間が居心地がよかったのは、もうひとつ理由があります。
それは、オーナーご夫妻がいつでもとっても楽しそうに仲良く働いていたこと。

これだけの料理の下ごしらえや準備に時間をかけて、宿の掃除やお手入れもして、
お客さんのことも気にかけて、それでもお二人には「忙しい」なんていうピリピリした空気はなくて、
代わりにあったものはとても柔らかくてあったかい空気。

宿はご主人の長年の夢でもあったそうで、ご夫婦で好きなことを
楽しみながら生きているのって、本当に素敵だなぁと思いました。

帰るときには、これまた手作りのクッキーのプレゼント。
そして、車が見えなくなるまで、二人並んでずーっとずーっと手を振ってくださいました。

ラミーナのお母さんのあったかい家庭料理と、オーナーご夫妻の優しい空気と、
そして木と光のぬくもりを感じたい方は、ぜひ一度泊まりにいってみてください。


ファミールイン ラミーナ
住所: 北海道倶知安町字樺山65番地 サンモリッツニセコヴィラI内
TEL/FAX: 0136-21-3660






 
[PR]
by happylife-3 | 2008-01-04 21:34 | ★Happyなお出かけ